タヌキおやじの日々の生活 濱嘉之「完全黙秘―警視庁公安部・青山望」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱嘉之「完全黙秘―警視庁公安部・青山望」を読破!!

あ~、だいぶ涼しくなったなあと思う今日この頃。
来週からまた資格試験の講座が始まるので気を引き締めねば。。。。

完全黙秘―警視庁公安部・青山望 (文春文庫)完全黙秘―警視庁公安部・青山望 (文春文庫)
(2011/09/02)
濱 嘉之

商品詳細を見る


濱嘉之の文庫本新刊が出ていたので即座に購入する。
本ブログにも「濱嘉之」というワード検索で訪問されてる方が結構いるのである。
そんなわけで、「濱嘉之」で検索上位の地位を不動のものにするためという不純な動機で読破した。
でも、もちろん、前回読んだ警視庁情報官シリーズが面白かったからというちゃんとした理由もありますよ(汗)

感想はというと、「警視庁情報官 シークレットオフィサー」に似ているなあと思った。
著者としては、情報官シリーズの主人公は、一匹狼であったのに対して、青山望シリーズでは、同期の仲間の連帯を前面に出していこうとしたのだと思うが、あまり際だった違いが出てないように思えた。
異なった切り口の小説を書いていかないと、いつかは読者に飽きられてしまうのではと吾輩は思う。
それとも、著者は、引き出しの中身を小出しにしていく戦略なのであろうか。

あらすじはというと、時の財務大臣が暗殺された。
しかし、犯人は完全黙秘を貫く。
しかも、犯人の身元が全く分からない。
警視庁公安部警部の青山望は、過去に有った未解決事件から切り込み、政治家と暴力団、芸能界が絡み合う壮大な闇を曝いていく。
という感じです。。。。

登場人物が多すぎ、また、多くの人物の視点から書かれるので、非常にややこしく、難解な読み物になっているような気がする。
おそらくリアリティを追求すると複雑になってしまうのだろうと思うが、読み物としては単純にした方がよいのではないかと思った。
あくまでも、小説は小説なのだから。

それから、著者が、小説の場を借りて、現政権に対して著者が痛烈な批判を行っている点は興味深い。
前内閣で官房長官だった人が、自衛隊を暴力装置と呼んだことに対しても、小説の場を借りて言及している。
おそらく、多くの国家公務員の心情を代弁する意見なのではないかと。。。
この部分だけでも読む価値はあると思う。

民主党政権になってから元公安警察官が書いた小説ということで警視庁情報官シリーズを読んだ後に読んでみてもいい一冊であると思う。

自分の評価
★★★☆☆50点

関連記事
濱嘉之「政界汚染―警視庁公安部・青山望」を読破!!
濱嘉之「報復連鎖―警視庁公安部・青山望」を読破!!
※本シリーズの第2弾、第3弾。
Samochan's WORLD
かじやんの徒然ラン日記
村上 密 Blog
※本書の他ブログのレビュー。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。