タヌキおやじの日々の生活 小山宙哉「宇宙兄弟」15巻を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小山宙哉「宇宙兄弟」15巻を読破!!

宇宙兄弟(15) (モーニングKC)宇宙兄弟(15) (モーニングKC)
(2011/09/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る


月面上の事故によってパニック障害になってしまった日々人は、パニック障害を治すべくロシアのモスクワにやってくる。
そこで、ロシアの英雄、イヴァン・トルストイに世話になり、イヴァンの娘のオリガに出会う。
オリガは、バレエのダンサーを目指している15歳であった。
日々人は、パニック障害にもがき苦しむも、オリガの今の踊っている姿と幼き日の踊っている映像を見て、できないことをできるようにすることについて教えられ、パニック障害に敢然と立ち向かうようになる。
一方、六太は、月面探査車のカーナビのアイデアが認められて、月での活動の訓練に参加することになる。

このストーリーは、ブッシュ時代のNASAの計画に基づいて描かれているけど、現在の中国の台頭、ロシアの復権という状況を見るに、このようにNASAがいつまでも主流というようにはならないような気がする。
しかし、そのようなことを考えずに読めば、単純に楽しめるかなと思う。
ただ、本巻では、日々人の治療がメインなので、あまり高揚感のある内容ではない。

印象に残ったのは、『大事なのは”できる”という経験を得ること』というイヴァンの言葉。
言い換えてみると、できるという経験を得ることは、自信を得ることであり、自信は人に実力以上のものを引き出してくれる。
そして、できるという経験を得るためにはチャレンジをしなければならない。
少しずつチャレンジを続けて行って、積み重ねていくことが大事なのかなあと思わせられた。

自分の評価
★★★☆☆55点

次巻の記事
小山宙哉「宇宙兄弟」16巻を読破!!
前巻の記事
小山宙哉「宇宙兄弟」14巻を読破!!
1巻の記事
小山宙哉「宇宙兄弟」1巻を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。