タヌキおやじの日々の生活 佐貫亦男「不安定からの発想」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐貫亦男「不安定からの発想」を読破!!

昨日から吾輩が受けていた資格試験の三次試験が行われている。
受かっていれば。。。。。(涙)と思う今日この頃。
まったく、箸にも棒にもかからない成績だったんだけどね。

不安定からの発想 (講談社学術文庫)不安定からの発想 (講談社学術文庫)
(2010/10/13)
佐貫 亦男

商品詳細を見る


本屋で手に取ってみて、なんか面白そうだということで購入する。
著者の佐貫亦男氏(故人)については、航空雑誌などで名前だけは知っていた。
とりあえず、著者紹介。
佐貫亦男(さぬきまたお、1908年~1997年)は航空宇宙評論家、エッセイストである。
1931年(昭和6年)に、東京帝国大学工学部航空学科を卒業後、軍命で日本楽器製造(現ヤマハ)に赴きプロペラの設計を行い、陸軍の九七式戦闘機を担当したそうな。
戦後は、気象庁で風速計の開発に携わり、その後、東京大学教授、日本大学教授を務めた。
晩年は航空評論家として活躍したとある。

本書の内容だが、前半は、主にライト兄弟が有人動力飛行を成功させるまでを書き、後半は、主に社会における安定と不安定をどのように取り扱うかについて書いている。

ライト兄弟の成功の要因については、軽いエンジンを作ることができたことや、主翼を捩ることによって安定性を確保したことだと言われているが、著者は、ライト兄弟が、空を不安定なものであることを受け入れ、自らが操縦桿を握ることで安定を生み出したことが要因であると述べている。
始めから安定に身を置くのではなく、自らが能動的に動くことによって、つまり、制御することによって安定を生み出すのであると。。。

そして、この発想は、現代社会を生きる我々にも応用できるのではないかと。。。。
本書で一例としてあげているのは、システムや人間にしても利きがよすぎるもの(人間にあてはめるとおっちょこちょい、革新的)は、変動が大きくなって不安定であると。
そして、利きが悪いもの(人間に当てはめると真面目、保守的)は、スタートダッシュが遅くなり変化に乗り遅れると。
そこで、始めは、利きがよすぎるものを使用して、徐々に、安定なもの、利きが悪いものの比率を増やしていくべきであるという旨が書かれている。
実際に、様々な会社の歴史を調べていくと、会社が小さい頃は、革新的な思考をする人材が多く、会社が大きくなっていくにつれて、保守的な思考をする人材が増えていくということはよく言われていると思う。
大きくなった会社というのは、意図せずに、佐貫理論を実践しているのであろうか?

特に印象に残ったのは、最後にあとがきに記してあった一言であった。
『いまの日本も失速寸前の状態にある思いがする。
これは単なる不安定とちがって、事は重大である。
このとき、どんな舵を使うか、あるいは使わないか、その決断は責任ある人たちが実行すべき問題であるけれども、もし、この小著が何らかの意味でヒントを与えることができたら、これ以上の幸いはない。』
とある。
本書が書かれたのが、1977年のことなので、失速、つまり、バブルの崩壊を予期していたと考えることもできる。
そして、その後の日本の政治家が国をうまく制御しているようには、舵を取っているようには思えない。

ともあれ、理論倒れの所も多々あるかと思うが、面白く読める一冊であると思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
お気らく活字生活
いいコトバ
Gori ≒ ppdwy632

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバックありがとうございます。

この度はトラックバックありがとうございます。
独立して19年、いい加減、安定した礎が築けてよいものなのに、なかなか不安定から抜けきれません。
「週刊ブックレビュー」でこの本について語った故児玉清さんの少しはにかんだ表情に親近感を感じたものです。「俳優も不安定である」と。
改めてこのブログでその内容を学びました。ありがとうございます。
  • 2011-10-17 22:06
  • URL
  • 川中紀行 #-
  • Edit

Re: トラックバックありがとうございます。

川中さま

コメントありがとうございます。
自分は、この本を読み終わっていろいろ調べて知ったのですが、故児玉清さんが推薦していた本だったのですね。
ますます社会においても不安定さが増えていますが、自分も、精神的な安定を保ちながら、不安定な状況を制御できるようになりたいと思っております。
なかなか難しいですが。。。。(汗)
佐貫亦男氏の著作は今回、初めて読んだのですが、これからも読んでいこうと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2011-10-17 23:08
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。