タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第49弾『小田原城(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第49弾『小田原城(その2)』

城郭シリーズ第48弾『小田原城(その1)』の続き。

馬出し門を突破して、地図中の④の場所。
馬出門桝形の中。
小田原城031

地図中の⑤の場所から銅門(あかがねもん)を望む。
小田原城036

地図中の⑥の場所から銅門(あかがねもん)を望む。
小田原城012

銅門桝形内に突入。
地図中の⑦の場所。
小田原城039

銅門を突破して二の丸に突入した後、本丸へ向かう。
地図中の⑧の場所。
常盤木門の桝形である。
小田原城040

常盤木門。
小田原城043

常盤木門を突破して本丸へ。
地図中の⑨の場所。
ついに天守閣。
小田原城050

同じく。
小田原城054

天守閣の最上階から豊臣秀吉が小田原城攻めの折に石垣山一夜城を築いた石垣山を望む。
中心にある山、丘???である。
400年前、北条軍のみなさんは、この山に城が出来ているのをみて驚かれた訳です。
小田原城051

本丸を離脱して、地図中の⑩の場所。
崩れた本丸の石垣。
だいぶ前に崩れたものであるようだ。
小田原城055

同じく、地図中の⑩の場所。
小峰曲輪北堀。北条氏時代から残されている遺構だそうな。
小田原城058

感想
小学生の頃に行ったことがあったので二度目の攻城であった。
小田原城の復元を進めているのはよいことだと思う。
江戸時代の城郭の復元だけではなくて、北条時代の遺構の整備もしてもらいたいと思った。
北条時代の遺構を整備しても観光客を呼べないからやらんだろうなあ(涙)

関連記事
城郭シリーズ第48弾『小田原城(その1)』
城郭シリーズ第49弾『小田原城(その2)』
城郭シリーズ第353弾『小田原城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (2) 江戸城・小田原城・八王子城・佐倉城・大喜多城石垣山一夜城よみがえる日本の城 (2) 江戸城・小田原城・八王子城・佐倉城・大喜多城石垣山一夜城
(2004/05)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

> 北条時代の遺構を整備しても観光客を呼べないからやらんだろうなあ(涙)

城=白壁天守閣ってイメージじゃなくなった今のご時勢なら、
意外と観光客(マニア?)が来そうな…!?
マニア的には、大久保氏より北条氏の方が人気ありそうですし(笑)
  • 2013-04-28 13:55
  • URL
  • 百物語ガール #-
  • Edit

Re: タイトルなし

う~ん、どうなんでしょうね~
整備したら意外と観光客が来るかもしれませんね。
城郭ファンとしては、北条時代の遺構を大切にしてほしいと思いますけどね。
  • 2013-04-28 22:46
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。