タヌキおやじの日々の生活 本橋恵一「スマートグリッドがわかる」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本橋恵一「スマートグリッドがわかる」を読破!!

あ~、今年もあとわずかだなあと、たそがれてる今日この頃。

スマートグリッドがわかる (日経文庫)スマートグリッドがわかる (日経文庫)
(2011/11/16)
本橋 恵一

商品詳細を見る


スマートグリッドについては、東日本大震災が起こって計画停電が実施されてから、原発を減らしたり節電のために役立つ技術ではないかと思い、注目してたのだが、本屋に本書が並べたあったので、これを機に勉強してみようと思い購入する。
ウィキペディアによると、スマートグリッド(smart grid)とは、デジタル機器による通信能力や演算能力を活用して電力需給を自律的に調整する機能を持たせることにより、省エネとコスト削減及び信頼性と透明性の向上を目指した新しい電力網である。そうな。。。。
何を言ってるか分かりませんね。
要するに、IT技術を駆使して電力網の効率化を図る技術であると。。。。
それゆえに、「スマート」(賢い)+「グリッド」(送電網)であると。。。
ともあれ、本書を読んでスマートグリッドの概要は分かったような気がする。
感想はというと、構成がなっていないのではないかと。。。。
題名から言って、「スマートグリッド」の入門書なわけである。
確かに内容的には簡単に概要を説明する構成になっているが、いきなり専門用語を出して、その説明を行わないで話を進めていくようなことが多々あった。
その挙句、一番最後にその専門用語の用語集みたいなものが掲載されているのだ。
不親切極まりない。
吾輩は、理系(特に応用物理)の人間なので分かったが、文系の方などが読まれた場合、分からんのではないかと。。。
しかし、興味深いことがたくさん書かれていて、その一つが、社会のありようが、中央集権型のシステムから多極分散型のシステムに移りつつあり、エネルギーシステムもその例外ではないということである。
要するに、発電所なども、今までの原子力発電、火力発電と言った中央集権型から、自然エネルギーを使った風力発電、太陽光発電といった多極分散型のものの比率が高くなるであろうと。。。
それを実現するのがスマートグリッドであると。。。
そして、スマートグリッドの中心となるのが、スマートメーターだそうな。
スマートメーターとは、情報通信の双方向性や、制御能力を持った電力計である。
電力業者がスマートメーターを通して、電力の供給の制御をしたり、今までは検針員が目視でメーターを見ていたのが、情報通信回線を通して使用した電力の情報を業者に送信したり、需要者に知らせたりすることができるそうな。
電力需要が高い時間帯の電力の値段を高く設定することによって節電効果を図ることができる。
また、電気自動車の蓄電池を使用した仕組みや家庭で発電した電力を売る仕組みについても書かれていた。

もうひとつ、本書を読んで面白かったのが、スマートグリッドとは直接関係ないのだが、最近のITビジネスモデルの類型として、
1.広告などの収入があるケース
2.一部のヘビーユーザーからお金を取るケース
3.最初は無料で提供しておいて、交換部品を有料にするケース
4.プロモーションのために、最初に無料で提供するケース
があるそうな。
スマートグリッドにも適用されることがあるのではないかと著者は言っている。

とりあえず、地震が起こった後に、本ブログで吾輩は、スマートグリッドを普及させることによって省電力化を図るべきだとエラそうなことを言ったのだが、あながち的外れではなかったと知ってほっとした。
将来的に家庭に身近になる技術であるので読んでおいて損はないと思う。

自分の評価
★★★☆☆50点

関連記事
橘川武郎「東京電力―失敗の本質」を読破!!
林泰弘、岡本浩 他「スマートグリッド学―戦略・技術・方法論」を読破!!
山藤泰「図解入門―よくわかる最新スマートグリッドの基本と仕組み」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます

お読みいただき、ありがとうございます。
確かに、担当編集者からも、いきなり専門用語ということは指摘されていたのですが、修正しきれませんでした。
不親切で申し訳ありません。

本書を書こうと思ったのは、スマートグリッドが新聞記事になるわりには、技術論の話ばかりで、電気事業などの公益事業がどう変わっていくのかが、あまり話されていなかったからです。

これからも、よろしくお願いします。

Re: ありがとうございます

本橋さま、コメントありがとうございます。

まさか、著者、ご本人からコメントをいただけるとは思ってもいませんでした。
いい加減なレビューで申し訳ないです。
全体的な流れは、よかったと思います。
また、ビジネスモデルとしてのスマートグリッドを書かれたのもよかったと思います。
ただ、すこし、専門用語の隣に(注)みたいな感じで、一番最後に用語集があるような記載がありさえすれば理解しやすくてさらによかったと思います。
次回作も期待しております。
頑張ってください。
こちらこそよろしくお願いします。
  • 2011-12-15 21:45
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。