タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第56弾『姫路城(その3)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第56弾『姫路城(その3)』

城郭シリーズ第55弾『姫路城(その2)』の続き。

今度は、中堀沿いを歩いてみる。

地図中の①~⑧の場所。
中堀前面は、門以外は土塁で構成されていたらしい。
姫路城7

くまたか門跡。
「くまたか」の漢字が難しすぎて出てきません。
ちなみに、地図中の⑧の場所。
姫路城8

地図中の⑨の場所。
埋門跡。桝形になっているのが分かります。
姫路城9

埋門跡から北は、石垣になっています。
姫路城10

地図中の⑪の場所。
車門跡。
姫路城11

地図中の⑫の場所。
市ノ橋門跡から見た外堀&中堀と石垣。
姫路城12

同じく周辺の外堀&中堀と石垣。
姫路城12-2

清水門跡を過ぎて中堀沿いをさらに北に行くと、再び土塁となる。
地図中の⑬の場所。
姫路城13

地図中の⑭の場所。
野里門跡。
姫路城14

同じく。
土塁となっていることが分かります。
姫路城14-2

地図中の⑮の場所。
姫路城15

地図中の⑮~⑰の場所。
姫路城16

地図中の⑰の場所。
久長門跡。
姫路城17

地図中の⑰~⑲の場所。
姫路城18

地図中の⑲の場所。
内京口門跡。
姫路城19

感想
内堀の中は、一般観光客がよく行くが、中堀は、マイナーで見る人も少なかった。
というか、まったくいなかった。
中堀の外側には外堀がさらに設けられていたらしい。
姫路城の広さがよく分かった。
また、意外と遺構が残っていて面白かった。
それにしても、昔の人は、城が落ちないように何重にも防衛ラインを設けているんだなあと中堀沿いを歩きながら思った。
戦国時代の武将は、己を守るために用心に用心を重ねていたわけである。

関連記事
城郭シリーズ第1弾『姫路城(その1)』
城郭シリーズ第55弾『姫路城(その2)』
城郭シリーズ第56弾『姫路城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (4) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (4) (歴史群像シリーズ)
(2004/07)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。