タヌキおやじの日々の生活 小谷賢「日本軍のインテリジェンス-なぜ情報が活かされないのか」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小谷賢「日本軍のインテリジェンス-なぜ情報が活かされないのか」を読破!!

レミオロメンが活動休止!!
アイム・ショックド!!

日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか <br>(講談社選書メチエ)日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか
(講談社選書メチエ)

(2007/04/11)
小谷 賢

商品詳細を見る


戦中・戦前の日本陸海軍の情報活動について書かれた本である。
著者の小谷賢(こたに・けん)氏は、イギリス政治外交史とインテリジェンス研究を専門にされる研究者であるらしい。
本書において、陸海軍別に情報収集(通信情報、人的情報、防諜)、情報の分析・評価、情報の利用、戦略における情報利用などを書いている。
一般的に日本は、太平洋戦争に情報戦で負けたと言われ、情報(インテリジェンス)分野に弱いという印象が強い。
しかし、著者は、日本軍の情報活動について詳細に検討し、ある部分では反論し、全体的な問題点を抽出し、現在の日本がどのように情報活動を展開すべきかを指摘している。

面白いのは、冒頭のインテリジェンス・サイクルについての説明だ。
カスタマー、情報利用者、例えば、政策・作戦サイドは、種々の決定・行動をするための情報が必要であり、それらの情報をインテリジェンス・サイド、例えば、情報機関に要求し、インテリジェンス・サイドは、カスタマーの要求に合わせ、インフォメーションを収集・分析し、インテリジェンスを生産し、カスタマーに提供する。
カスタマーは、提供されたインテリジェンスに基づいて決定・行動をし、さらなる決定・行動のための情報をインテリジェンス・サイドに要求するというサイクルをインテリジェンス・サイクルと呼ぶそうである。
このサイクルは、何も国家レベルでしか行われないものではなく、個人においても、例えば、旅行をする場合等に、目的地に関する様々な情報や知識が必要であり、書籍やインターネットで目的地の気候や交通アクセス、観光名所などといったデータを調べ、情報を収集・検討し、つまり、インテリジェンス活動をし、検討結果に基づいて目的地の気候に合った服装を用意し、交通のスケジュールに合わせて旅行計画を実行する、つまり、政策・作戦を実行するということが行われているのだそうな。
個人レベルであると、このような規模であるが、国家規模になると、専門の情報機関が必要になってくると書かれている。
そして、このインテリジェンス・サイクルに沿って日本軍の情報活動がどのように行われていたかを検証している。

まあ、結論から言うと、日本軍のインテリジェンス・サイクルはうまく機能しなかった。
ことに、戦術的なインテリジェンス・サイクルはともかくとして、戦略的なインテリジェンス・サイクルが機能しなかったと述べられている。

まず、日本軍の情報収集活動について。
日本陸軍は、ソ連を仮想敵国としており、ソ連に対する情報収集力は相当のものであり、通信情報に関してもいくつかの敵国の暗号解読を成功させていて、また、防諜能力も憲兵隊などが担当していた。
しかし、情報収集活動の軸足をソ連から米国に移すのが遅く、米国に対する情報収集活動を本格化させた時にはすでに時遅しであったと。。。
一方、日本海軍の情報収集能力は、日本陸軍と較べると、見劣りがしたと。。。
海軍の暗号が解読されて、ミッドウェイ海戦に敗れ、その一方で、陸軍の暗号は敗戦まで解読されなかったのは有名な事実である。
これは、陸軍の防諜能力の高さと海軍の低さを現わす事実かもしれない。

次に、日本軍の情報の分析・評価について。
一般的に、公開情報、通信情報、人的情報などを分析・評価してインテリジェンスを生み出すのであるが、実を言うと、この能力において日本人は非常に優れていると著者はいう。
情報の分析・評価というのは職人的な技能を要するものであり、日本人に向いているらしい。
実際に、日本陸海軍の情報部が生成したインテリジェンスは、大体において的を得たものであったらしい。

そして、日本軍の情報(この場合、インテリジェンスのこと)の利用について。
日本軍の作戦部(カスタマー)は、ほとんどの場合において、情報部のインテリジェンスを採用せず、自らインフォメーションを収集して作戦を立てた。
なぜかというと、最も優秀な人材は作戦部に集められ、情報部には二流とされる人材しか送り込まれなかったため、作戦部の人間は、情報部の人間を信用していなかったからであると。
また、インテリジェンスの重要性について理解していなかったと。
それに日本社会に特に強いセクショナリズムも原因と推測されている。
司馬遼太郎の本にも、エリートで固められた作戦部が、情報部の意見に耳を貸さなかった旨のことが書かれていた。
この辺は、本書ではそこまで掘り下げて論述していないが、エリート教育、受験教育に原因があるのではないかと吾輩は思った。
印象に残ったのは、第二部長(情報)を勤めた樋口季一郎元中将の言葉。
『大よそ情報収集の目的は、「事象の実体を客観的に究明する」にある。
ところが日本人は主観を好む。
主観は「夢」であり、「我」である。
これは己個人に関する限り自由であるが、我観及び主観を国家の問題に及ぼすにおいては、危険これより甚だしきはあるまい。』
希望と予測をごっちゃにして戦争を始めた指導者には耳の痛い言葉であろう。

しかし、いくつかの暗号解読に成功したり、正確なインテリジェンスを生成していたりと、部分的に優れたところがあっても全体として負けてしまうというのは、情報戦に限った事ではなく、技術に優れていても、海外で売れず、敗色濃厚な家電などの販売合戦にも通じるし、日本が世界に対して直面する様々な局面、業界において通じるところがあると感じた。

本書は、日本軍のインテリジェンスについてのみ言及しているが、その事象は、現在の日本社会の様々な事象に繋がっているし、そうなる原因についても、現在の日本社会の様々な事象と同じだし、教育制度などにおける根深いものがあるように思う。
安全保障を考える上でも役に立つし、ビジネスに応用することもできる内容であると思う。

自分の評価
★★★★☆80点

関連記事
戸崎将宏の行政経営百夜百冊
信賞筆罰(在る在野研究者の記録)&読書日記&沖縄写真日記
ラインケ狐の日記

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。