タヌキおやじの日々の生活 塩野七生「ルネサンスとは何であったのか」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩野七生「ルネサンスとは何であったのか」を読破!!

鼻がちゅんちゅんしだした!!
ついに奴らがやってきたか。

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)
(2008/03)
塩野 七生

商品詳細を見る


題名通り、ルネサンスについて書かれた本である。
ウィキペディアによると、ルネサンス(仏: Renaissance 直訳すると「再生」)とは、一義的には、14世紀~16世紀にイタリアを中心に西欧で興った古典古代の文化を復興しようとする歴史的文化革命あるいは運動を指すそうな。
そして、ルネサンスは、北イタリア、フィレンツェなど地中海貿易で繁栄したトスカーナ地方の諸都市を中心に、教会やイスラム世界、東ローマ帝国の保存していた古典文化の影響を受けて14世紀頃にはじまった、というのが一般的な理解であるともある。
ルネサンスの先駆は、神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ2世であったというのは通説らしい。
フリードリッヒ2世は、時の法王に逆らい続け、十字軍遠征を主導し、己の領土内の教育機関を整備・拡充したので有名である。
それに加えて、塩野七生は、聖フランチェスコをも挙げている。
フランチェスコ修道会の創始者でアッシジのフランチェスコの名前で有名であるそうな。
そして、ルネサンスは、フィレンツェで勃興する。
東ローマ帝国が滅亡し、東ローマ帝国の知識人を受け入れたのがその要因の一つであるらしい。
フィレンツェのルネサンスの代表人物として、レオナルド・ダ・ヴィンチを挙げている。

時代が移り変わるにつれて、ルネサンスの中心は、ローマに移っていくと塩野七生は言っている。
ローマのルネサンスの代表人物として、ミケランジェロを挙げている。
そして、塩野七生の著作である「神の代理人」に登場する法王たちの時代がローマ・ルネサンスの絶頂期であったと。
しかし、反動宗教改革が進むにつれて、ルネサンス的なものは否定されていく。

そこで、政教分離がすすみ、言論の自由がある程度保証されていたヴェネツィアにルネサンスの中心が移っていったとある。
反動宗教改革から逃れようとする知識人や芸術家がヴェネツィアに避難してきたと。
ヴェネツィアのルネサンスの代表人物として、ティツィアーノを挙げている。

ナナミンが言うことを要約すると、ルネサンスとは、人の「見たい、知りたい、理解したい」という欲望が宗教からの呪縛から解き放たれた現象であったと。
その過程で古代ローマ時代の知識や遺産が見直されたのかなと吾輩は思った。
「見たい、知りたい、理解したい」とは、つまり、事象を観察して、知識にし、その原理を解き明かすことを言うのかとも思った。
つまり、サイエンス、科学に通じる行動である。
中世暗黒時代には、古代ローマや古代ギリシアの知識は悪とされたが、その空白期間を超えて、ルネサンスが勃興したのは、宗教の足枷を外して、まさに人間の知識欲が露わになったということであろうと思う。

イタリア以外のルネサンスには触れていないのは残念であるが、ナナミンの興味は基本的にイタリアにあるので仕方がないような気もする。
他の著作と被るところもあるが、それなりに面白い一冊である。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。