タヌキおやじの日々の生活 戦艦三笠再訪(その2)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦三笠再訪(その2)

戦艦三笠再訪(その1)の続き。

艦の内側。
戦艦三笠11

備砲はこんな感じに配置されていると。。。。
戦艦三笠12

同じく。
戦艦三笠13

艦首から主砲と艦橋を望む。
日本海海戦の時、艦橋の上に東郷大将ら幕僚が立っていた。
戦艦三笠14

東郷大将ら幕僚が立っていた位置から艦首と主砲を望む。
ちなみに主砲は、横須賀米軍基地の方向を向いているらしい。
戦艦三笠15

艦上。
戦艦三笠16

同じく。
戦艦三笠17

日本軍の機械水雷。
戦艦三笠18

大砲をぶっ放そうとする水兵さんたち。
戦艦三笠19

艦内に展示されていた、ものほんの菊の紋章。
巡洋艦クラス以上の艦艇は、基本的に艦首に菊の紋章をつけていた。
戦艦三笠20

感想
天気が悪くて写真の写りが悪かったのは無念であった。
人が多くて、なかなか写真が撮りづらかった。
現在の三笠は周囲をコンクリートで固められているので、宇宙戦艦ミカサにできないのが残念である。
ちなみに、戦艦大和の方は、真っ二つに二分されているという理由で宇宙戦艦ヤマトにできないが。。。

前の記事
戦艦三笠再訪(その1)

関連記事
吉村昭「海の史劇」を読破!!
半藤一利、戸高一成「日本海海戦かく勝てり」を読破!!

参考
海軍装甲技術史―戦艦富士・三笠から大和まで海軍装甲技術史―戦艦富士・三笠から大和まで
(2007/04)
寺西 英之

商品詳細を見る


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。