タヌキおやじの日々の生活 パク・チャヌク監督「JSA」を観る!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・チャヌク監督「JSA」を観る!!

花粉症の症状が悪化しつつある。
これはたまらんなあ。

JSA [DVD]JSA [DVD]
(2006/06/23)
ソン・ガンホ、イ・ビョンホン 他

商品詳細を見る


『JSA』(ジェイエスエイ)は、韓国で2000年9月に公開された韓国映画である。
日本では2001年に公開された。
監督
パク・チャヌク
出演者
イ・ビョンホン、イ・ヨンエ、ソン・ガンホ、シン・ハギュン、キム・テウ

あらすじはというと、1999年10月28日、共同警備区域(JSA;Joint Security Area)で朝鮮人民軍の兵士が韓国軍兵士により射殺される事件が発生する。
現場に居合わせた目撃者の南北兵士達は「拉致されて脱出した」、「突如襲撃してきた」と、正反対の供述を行なう。
中立国監視委員会は事件の真相を明らかにする為、韓・朝両国の同意を得て、スイス軍の法務科将校、ソフィー・チャン少佐に捜査を依頼。
ソフィーは関係者と面会を繰り返しながら真相に迫る。

吾輩、韓流とかあまり興味がないのだが、さすが、韓国は臨戦態勢にある国だけあって、戦闘場面のリアリティが素晴らしいのである。
「シュリ」なんかも、その点だけは凄かった。
しかし、韓国軍兵士の軍装が米軍の物だったり(ヘルメット等)と細かい所では、違うんではないかなあと思うところは多々あった。
ストーリーはというと、非常に陳腐であった。
まあ、内緒で南北の兵士が仲良くしてて上司に見つかって、撃ち合いになるところは分かる(ネタばれスミマセン)。
でも、なんで生き残った兵士が次々に自殺せねばならんのかと。。。。
いかにも、悲劇に仕立て上げて人気を呼び込もうという監督の意図が見え見えである。
映画ファン(吾輩は違うが)は、予想外の展開を期待しているわけである。
訳分からずに自殺を繰り返す人間の心理に共感はしない。
少なくとも吾輩は。。。。

この頃は、南北対話がなされていて、仲良くなるのかなあというところであったので、こういう映画も韓国で人気となった。
しかし、哨戒艦撃沈事件となんとか島砲撃事件があった後の今ではまた、状況が違うであろうなあと思う。
でも、最近は、日本の大河でもやたらとメロドラマチックな展開が多いので、それと較べたらましなのかなあと思った。
吾輩としては、冷徹な人間心理に基づいた戦闘アクションを含む人間ドラマを求めたい。

自分の評価
★★☆☆☆40点

参考
シュリ [DVD]シュリ [DVD]
(2006/06/23)
キム・ユンジン、ハン・ソッキュ 他

商品詳細を見る

※この映画のアクション、撃ち合いシーンは、ハリウッド映画より迫力があった。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。