タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第66弾『加納城』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第66弾『加納城』

岐阜城に続いて、加納城に向かう。
加納城は、岐阜県岐阜市加納丸の内にあった平城である。
百名城には入ってないが、岐阜駅の近くにあるので時間があったら行こうと思っていたのである。

歴史はというと、
1445年(文安2年)に、土岐氏の家宰の斎藤利永によって沓井城として築城された。
しかし、1538年(天文7年)に、廃城となっている。
1602年(慶長7年)に、岐阜城の代わりとして再築城される。
縄張は徳川家康自身が行ったとされる。
加納城は加納藩の藩主の居城となり、1603(慶長7年)に奥平信昌が入った後、奥平氏の居城となった。
1632年(寛永9年)に、奥平忠隆が死去、嫡子がいないために改易され、大久保忠職が入城、一時的に城主となる。
1639年(寛永16年)に、戸田光重が入城、3代にわたり城主を務めるが移封される。
1711年(宝永8年)に、安藤信友の居城となった。
1755年(宝暦5年)に、永井信陳が加納藩主となり、明治に至るまで永井氏の居城となった。
1872年(明治5年)に、廃城令により城は廃城処分となり建物は破却される。
現在では加納公園(本丸跡)と周辺に石垣、堀跡などがわずかに見られるのみである。

そんな訳で加納公園の本丸跡を見てきたのである。

本丸南側の石垣だったと。。。。思う。
加納城1

本丸門の跡。
加納城2

同じく南側。
加納城3

同じく。
加納城4

同じく。
加納城5

同じく。
加納城6

北側の石垣。
加納城7

天守台のような気がする。
加納城8

本丸北西の石垣。
加納城9

本丸内部。
加納城10
続いて、名古屋城へ。

感想
徳川家康、自らの縄張りということであった。
面白味のない縄張りだなあと。。。
しかし、無名な割に見どころがあったような気がする。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
奥平信昌と加納城―家康が美濃と長女を託した武将と城奥平信昌と加納城―家康が美濃と長女を託した武将と城
(2004/03)
岐阜市歴史博物館

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。