タヌキおやじの日々の生活 濱嘉之「鬼手 世田谷駐在刑事・小林健」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱嘉之「鬼手 世田谷駐在刑事・小林健」を読破!!

石原慎太郎が尖閣の土地を買い取るとか、国が買い取るとか。。。
やれ、やれいって感じです。
ちょっと不謹慎だったかな。

鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 (講談社文庫)鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 (講談社文庫)
(2012/02/15)
濱 嘉之

商品詳細を見る


本ブログでは、閲覧数がナンバー1の濱嘉之作品である。
今回は、公安の人間が主人公ではなく、駐在・刑事の人間が主人公なので、スパイ・公安にカテゴライズするのがはばかれるが、まあ仕方がないと割り切ろう。
小説の構成は、警視庁情報官シリーズなどと全く同じである。
リアリティはあるが、起承転結がはっきりしてなくて、小説のあらすじが読み取りづらい。
ただ、公安ではなくて、駐在刑事を主人公としたところだけが異なる。
そのため、摘発するのも、反社会的な宗教団体などではなくて、暴力団や個人の犯罪者ということになる。
メインの事件があって、その事件が発生してから解決するまで細かい事件があって雑多に描写するという構成になっている。
まあ、著者は、実際の警官であった人なので、本当の警察の日常とはそういうものなのだよと言いたいのかもしれない。
しか~し、一般人の読み手としては、非常に読みづらいし、さっき言った通り、あらすじが分かりにくい。
また、実際に起こった事件をモチーフにしている。
おそらく、本作品中のメインの事件は、10年くらい前に起こった世田谷一家殺害事件をモチーフにしているのだろう。
その事件の方は、いまだに未解決であるが、本書を読みながら、なるほど犯人はこのような人物像かもしれないと思わせるところはあった。

ともあれ、あらすじはというと、山手西警察署の小林健は、日本有数の高級住宅地にある学園前駐在所に勤務している。
彼は、全国に名をはせる暴力団捜査のエキスパート”鬼コバ”であった。
持ち前の機動力と情報力で、芸能人やIT長者と暴力団の繋がりを摘発した小林が遂に挑んだのは、未解決の「一家殺人事件」だった。
という感じです。

著者が警察出身なので、警視庁情報官シリーズにしても、本書にしても、警察ってこんなに有能なんだよ。というふうに書いているが、実際はどうなのであろうかという気もする。
ただ、日本社会の特徴として、組織の下の人間ほど優秀で、上に行くにつれて無能になるという傾向があって、濱嘉之は、第一線の優秀な公安マンや刑事を書いているのであろう。
しかし、実際は、世田谷の一家殺人事件は未解決だし、公安のテロ情報が漏出した事件もうやむやに終わった。
現実には、未解決の事件をモチーフにして、小説中では解決するという結末にするのはどうなんだろうかとも思う。

ともあれ、リアリティは、元警察官が書いただけあってあるし、実際に防犯などで参考になる部分もあるかと思う。

自分の評価
★★★☆☆50点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。