タヌキおやじの日々の生活 若松節朗監督「ホワイトアウト」を観る!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若松節朗監督「ホワイトアウト」を観る!!

先日、小沢一郎に無罪判決がでたそうな。
また、この人、天下国家のためを称して、政治をかき回すのだろうか。
政治に関しては、完全な白けモードに陥ってる今日この頃です。
代表選で敗れて、海江田を支援して敗れたのだから野田さんを支えるべきなのではないかと言いたい。

ホワイトアウト [DVD]ホワイトアウト [DVD]
(2001/03/23)
織田裕二、松嶋菜々子 他

商品詳細を見る


『ホワイトアウト』は、真保裕一のサスペンス小説を原作にした2000年製作の日本映画である。
日本最大のダムを占拠したテロリストから人質を救うべく立ち上がった青年の活躍を描く。
タイトルの「ホワイトアウト」とは、激しい吹雪により視界が奪われ、自分の位置が全く分からなくなってしまう事を言う。

監督
若松節朗
原作
真保裕一
出演者
織田裕二、松嶋菜々子、佐藤浩市、石黒賢

あらすじはというと、
日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダム。
冬のある日、ダムの運転員、富樫輝男(織田祐二)は遭難者救助のために猛吹雪のなかを出発するが、ホワイトアウト現象に見舞われ、同僚であり親友の吉岡和志(石黒賢)を亡くしてしまった。
その後、吉岡の婚約者であった平川千晶(松嶋菜々子)が奥遠和ダムに訪れるが時同じく、テロリスト集団「赤い月」がダムを占拠した。
テログループは政府に50億円を要求、拒否すれば人質を殺害しダムを破壊すると通告する。
ダムが破壊されたら20万世帯は一瞬にして水没してしまう。
タイムリミットは24時間。
偶然テロリストから逃げおおせた富樫は人質となっているダムの職員、そして平川千晶を救出すべく単身テロリストに戦いを挑む。(ウィキペディアより)
という感じです。

8年前くらいに一回見たことがあって、底の浅い映画だなと思ったのだが、再び見て、一瞬ひょっとして実を言うと奥が深い映画なのかと思いきや、最後はやっぱり底の浅い映画であった。
しかし、映像というのは残酷です。
14年前の松嶋菜々子が凄まじく可愛いです。
今の松嶋菜々子と較べると時代の流れを感じてしまいます。
若い時の松嶋菜々子を観るためだけに、この映画を観る価値がある。。。ような気がする。

それにしても、この映画、主人公格かと思った石黒賢が早々に死んでしまい、拍子抜けです。
それに、織田祐二が一人で大活躍して、警察は全くの役立たずです。
ウルトラマンの科学特捜隊並みの役立たず振りです。

随所のアイデアに工夫が見られるものの全体として、それはないだろうと。。。。感じるところ多し。
ただ、再び言うが、14年前の松嶋菜々子を見るためだけに観て損はない映画である。

自分の評価
★★☆☆☆40点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。