タヌキおやじの日々の生活 誉田哲也「ヒトリシズカ」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉田哲也「ヒトリシズカ」を読破!!

小沢が野田総理の協力要請を拒否したそうな。
もうさっさと党から追い出すべきではなかろうか。
こいつがいる限り、政治において、何事も決まらないし、物事が進まないし、ことが収まらないのではないかと。

ヒトリシズカ (双葉文庫)ヒトリシズカ (双葉文庫)
(2012/04/12)
誉田 哲也

商品詳細を見る


誉田哲也の文庫本における最新作ということで購入する。
強いて言うならば、東野圭吾の「白夜行」「幻夜」に似ている小説であると思った。
不幸な生い立ちを背負った、異様にコワい一人の女を書いた小説であるという点で一致する。
しかし、東野作品にグロテスクな描写が少ないのに対し、誉田作品はグロテスク、残酷な描写が多々ある。
レイプとか人が死ぬとかありまくりです。
三分の一を読んだくらいで、嫌な印象を受け始めたのだが、まあ、最後は、誉田作品のいつもの例によって救いのある結末となっていると思う。

あらすじは、暴力団員の男が拳銃で撃たれて死亡した。
犯人逮捕を間近にして、司法解剖を行った法医学者から連絡が入る。
心臓に達していた銃弾は、一度、その手前で止ってから、また動いて心臓に達したというのだ。
この一件は、犯人がはっきりしたことでうやむやになった。
しかし、この事実は、深い闇のごく一部に過ぎなかった。。。
という感じであります。

小説中の各章の名前の付け方がスゴイ。
第一章が「闇一重(やみひとえ)」、第二章が「蛍蜘蛛(ほたるぐも)」、第三章が「腐屍蝶(ふしちょう)」。
第四章が「罪時雨(つみしぐれ)」、第五章が「死舞盃(しまいさかずき)」、第六章が「独静加(ひとりしずか)」。
すごいネーミングセンスである。
暴走族のみなさんが自分たちのチームにつけるような名前の数々である。
吾輩などは、目次を見てから買うか買わないか判断すべきだったかもしれない。

とりあえず、未成年には読ませない方がいいような小説かもしれない。
ホラー小説が好きな人には受けるかもしれない一著である。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。