タヌキおやじの日々の生活 佐藤秀峰「海猿」5巻を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤秀峰「海猿」5巻を読破!!

暑い暑い暑い。
急に暑くなったぞ。
どういうことだ。

海猿 (5) (小学館文庫 (さI-5))海猿 (5) (小学館文庫 (さI-5))
(2006/05)
佐藤 秀峰、小森 陽一 他

商品詳細を見る


最終巻である。
なんか映画版は、かなり原作を改変しているようだ。
映画版では、主人公が結婚してて子供もできているようだったが、原作ではそのようなことはない。

あらすじ(ブックカバーより引用)。
『羽田発→福岡行きのJ-WING206便に異常事態が発生した。
乗員乗客411名を乗せた飛行機が、
制御不能の事態に!!
機長は夜間の真っ暗な博多湾への着水を決断した。
第七管区海上保安部の全巡視船へ出動要請が出され、
海上保安官・仙崎大輔たちは海面に滑走灯を設置して待ち構えた。
そこへJ-WING206便が・・・!?』

なんかこの漫画、人が死ぬことが多いなと。。。。
Zガンダム並みに主人公に近い人々が次々に死んでいきます。
しかも非常にリアルである。
状況が現実の事件をモチーフにしているだけに、Zガンダムより人の死がリアルである。
人の死をオブラートに包むようにして表現するようになった日本社会においては異作かもしれない。

前回のレビューで主人公のキャラが初巻と変わってきていると書いたが、作者は敢えてそうして、主人公の成長を書いているのかもしれない。
まあ、最後の方は、「ブラックジャックによろしく」と「特攻の島」と同じような作風であった。
そういえば、この作者は、この作品でも「ブラよろ」でも「特攻の島」でも、死と生について書くことが多く、それが、この作者の漫画を書く上での至上のテーマなのかもしれないと思った。

とりあえず、最後は、恋愛漫画のお決まりのような感じです。
この漫画自体は、恋愛漫画ではないけど、恋愛の要素も入っていると。。。

ともあれ、買って損はなかった漫画であると思う。
海上保安庁という、連載当時、あまり脚光を浴びていなかった組織に光を当てたという意味でも興味深い作品である。

自分の評価
★★★★☆75点

前巻の記事
佐藤秀峰「海猿」4巻を読破!!
1巻の記事
佐藤秀峰「海猿」1巻を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。