タヌキおやじの日々の生活 滝田洋二郎監督「陰陽師」を観る!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝田洋二郎監督「陰陽師」を観る!!

また、政界が騒がしいな~。
ニュース見てても、小沢の周りには碌なのがいないな。
過去になんらかの問題起こした連中ばかりじゃないのか。
それに加えて、小沢ガールとか呼ばれる、およそおつむが弱い女の集まりとか。
さっさと追い出せばいいんだと過激なことを考える今日この頃。

陰陽師 [DVD]陰陽師 [DVD]
(2002/05/21)
野村萬斎、伊藤英明 他

商品詳細を見る


何を思ったか、レンタル屋さんで野村萬斎主演の陰陽師を借りて再鑑賞する。
ちなみに、『陰陽師』(おんみょうじ)は、2001年に、夢枕獏の小説『陰陽師』を原作として制作された日本映画である。
実在した陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇時代劇。

監督
滝田洋二郎
原作
夢枕獏
出演者
野村萬斎、伊藤英明、小泉今日子、真田広之

あらすじはというと、
平安時代は、人と鬼が共に暮らしていた時代であった。
都の陰陽師である安倍晴明(野村萬斎)は、源博雅(伊藤英明)と友となる。
そんな中、生まれたばかりの帝の子・敦平親王の身体に異変が起き、安倍晴明は、宮中に呼ばれることになる。
という感じです。

平安京の成り立ちからはじまって、陰陽師という役職の説明、『鬼』、『呪(しゅ)』、『式神』などの説明をしてから、道尊(真田広之)と安倍晴明(野村萬斎)の攻防を巧く描いている。
始めの導入が、説明っぽくなく分かりやすく描かれているので、あまり陰陽師に詳しくない人物でも、理解しやすい。
脚本が上手く出来ているのに加えて、役者(野村萬斎、真田広之)の演技が上手いので、きほん、物の怪、超常現象のたぐいを信じない吾輩でも興味深く観ることができた。

道尊(真田広之)の野望を安倍晴明(野村萬斎)がほとんど一人の力で食い止めて、時の帝は、逃げてばかりなのだが、時の権力者がこんなんでいいのかと。。。。
しかし、これは映画だからと自分に言い聞かせながら観たのであった。

ちなみに、吾輩、安倍晴明については、この映画が公開されたときに初めて知った。
安倍晴明(あべ の せいめい/はるあき/はるあきら、921年~1005年)は、平安時代の陰陽師。
鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。
官位は従四位下・播磨守だそうな。
藤原道長の時代の人らしいから、藤原氏全盛の時代に活躍(?)した陰陽師ということだろう。
まあ、時の権力者を相手に上手く立ち回ったということかもしれない。

ともあれ、映画の出来は非常に良いと思う。
一回目に観た時も面白いと感じたし、二回目に観た時も一回目に気付かなかったところに気付かされ、興味深かった。
実際の政治では、こんなにも陰陽師が重用されることはなかったであろうが、それはそれでよいと感じた。

印象に残った言葉。
『人は心ひとつで鬼にも仏にもなるのだな』
という源博雅の言葉。
もっと真実に近い形で言うと、仏の心と鬼の心を併せ持つのが人間ということであろう。

自分の評価
★★★☆☆65点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。