タヌキおやじの日々の生活 塩野七生「ローマ人の物語12-迷走する帝国」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩野七生「ローマ人の物語12-迷走する帝国」を読破!!

昨日は、長篠城、岡崎城、浜松城を攻略。
近日、ブログにアップ予定。

ローマ人の物語 (12) 迷走する帝国ローマ人の物語 (12) 迷走する帝国
(2003/12/13)
塩野 七生

商品詳細を見る


紀元211年から紀元284年のローマ人の諸行が書かれる。
ナナミン曰く、三世紀の危機と。。。。
二世紀以前の危機は、克服することのできた危機であった。
それに対して三世紀以降の危機は、対応に追われるだけで終始せざるをえなかった危機であった。
ローマ人は、対応に苦慮しているうちに、自らの本質を徐々に変えていく。
ナナミンは、それを状況への適応という肯定的な見方ではなくて、ローマ人の長所をなくしてしまうという否定的な見方をしている。
物事は、時代を経るにつれて変質していくものだが、ローマも例外ではなかったと。。。
211年から284年までの間、皇帝は目まぐるしく変わり、その数17~19人。
一部は、無能と断言してよいかと思うが、ほとんどは、有能で皇帝の責務に忠実であったように思われる。
有能で責務に忠実であっても、対処しきれない危機の連続。
帝国は、北方蛮族相手の戦争に終始し、急速に疲弊していく。

先ず、カラカラ帝。
この人は、ローマ帝国内の奴隷以外の人間をすべてローマ市民とした。
人道的でよいことのように聞こえるが、全員ローマ市民にしてしまうと、ローマ市民とブランドとしての価値はなくなってしまうと。。。。
その結果、ローマがローマでなくなってしまうことを助長した。

関連記事
遺跡シリーズ第3弾『カラカラ浴場(ローマ)』

次に、ヘラガバルス帝。
この人は、無能と断じてよいだろうと思う。
そして、アレクサンデル・セヴェルス帝。
法学者ウルピアヌスに助けられて、善政を行ったと言ってよいと思うが、ささいなことで非業の死を遂げる。
この巻では、ささいなことで皇帝が殺される事件が頻発する。
このことは、後にローマ帝国が国教をキリスト教にする原因ともなる。

マキシミヌス・トラクス帝。
この辺から軍人皇帝と呼ばれる人達が次々に即位する。
そして、この人も非業に倒れ、その後、目まぐるしく皇帝が代わる。

ヴァレリアヌス帝。
この人は、東方でパルティア王国に代わって勃興したササン朝ペルシアと戦い、捕囚となり、異境の地で敢えない最期を遂げる。
でも、有能な人であったらしい。
なぜなら、この後、この人が取り立てた人物が次々に皇帝になり、責務を果たそうとするからだ。
ガリエヌス帝。
ヴァレリアヌス帝の息子である。
この人も頑張ったが、敢えない最期を。。。
クラウディウス・ゴティクス帝。

アウレリアヌス帝。
この人は、ヴァレリアヌス帝が捕囚された後、どさぐさに紛れて三分割してしまった帝国を再び一つにする。
また、新たにローマを囲む城壁、アウレリアヌスの城壁を築く。
この城壁は、今でもかなりの部分が残っている。

関連記事
城郭シリーズ第12弾『アウレリアヌスの城壁(の一部)』

その後、タキトゥス帝、プロブス帝、カルス帝と。。。。
国が衰亡するときは、どこの国でも同じようなことが起こっている。
外敵の来襲、治安の悪化、軍事費の増大、それに伴う、財政の逼迫、通貨の含有率の低下などなど。
しかし、読んだかぎり、この巻で天寿を全うできた皇帝はいないのではないかと思われる。
古代ローマ皇帝ほどしんどい職業もなかったと思う。
これだったら、まだ、現代の企業の社長のほうが良さそうだ。
少なくとも殺される心配はないもの。

自分の評価
★★★☆☆60点

次巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語13-最後の努力」を読破!!
前巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語11-終わりの始まり」を読破!!
1巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語1-ローマは一日にして成らず」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。