タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第90弾『新発田城(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第90弾『新発田城(その2)』

城郭シリーズ第99弾『新発田城(その1)』の続き。

地図中の⑤の場所。
鉄砲櫓跡(現二ノ丸隅櫓)。
新発田城05-2

同じく。
新発田城05-3

鉄砲櫓と土橋門の古写真。案内板より借用。
鉄砲櫓は海鼠壁ではなかったらしい。
新発田城05-4

地図中の⑥の場所。
本丸の西側の石垣。
新発田城06

地図中の⑦の場所。
三階櫓。天守閣の代わりだったらしい。復元である。
新発田城07-1

同じく。
新発田城07-2

本丸に突入する。本丸表門の裏側。
新発田城08-1

新発田藩初代藩主、溝口秀勝公。
新発田城08-2

辰巳櫓から見た三階櫓。
新発田城09-1

同じく三倍ズームで。
新発田城09-2

感想
思っていたより残っている遺構が少ないなあという印象を抱いた。
二ノ丸と本丸の大半は、陸上自衛隊の駐屯地となっているので入ることができない。
駐屯地は、二ノ丸北側の範囲と重なるので、周りを歩いてみたが、遺構らしきものはなかった。
残念である。
二ノ丸南側は、建っていた病院が取り壊されているのだが、復元でもするのかな。
復元されたらまた来るかもしれないと思った。
ともあれ、今残っている遺構は、新発田藩由来のものなので、新発田重家については、あまりアピールされていないが、上杉景勝と直江兼続を苦しめた人なのでもっとアピールされてもよいような気がした(笑)。

前の記事
城郭シリーズ第99弾『新発田城(その1)』
関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (14) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (14) (歴史群像シリーズ)
(2005/03)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

追記

誠に勝手ながら、ランキングにクリックを集中させるために拍手ボタンを削除しました。
今まで拍手ボタンをクリックしていただいた方、ありがとうございました。
これからは、ランキングボタンをクリックしていただけるとありがたいです。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。