タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第93弾『松阪城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第93弾『松阪城(その1)』

7月28日、始発の新幹線に乗って、三重県に松阪城と伊賀上野城を攻略しに行ってきた。
炎天下の城攻めであった。
先ず、松阪城。

松阪城(まつさかじょう)とは、三重県松阪市殿町にあった梯郭式平山城であり、別名、松坂城。

歴史(ウィキペディアの記載を引用・改変)
1584年に、蒲生氏郷が伊勢国12万3千石を与えられ松ヶ島城に入城した。
1588年に、氏郷は、松ヶ島は発展性が無いと考え、現在の城地に松阪城の築城を開始した。
1590年に、氏郷は陸奥国会津に転封となり、代わって服部一忠が入城した。
1595年に、服部一忠は豊臣秀次事件に連座したと豊臣秀吉より叱責され自害した。
次いで古田重勝が入城した。
1619年に、古田氏は石見国浜田城に転封となり、南伊勢は紀州藩の藩領となった。
松阪城は当地を統括する城として城代が置かれた。
城内の天守以下の櫓や門等の建物は放置されていたため、江戸時代前期の史料によれば、1644年に天守が台風のため倒壊したとされ、以後は天守台のみが残ることとなった。
1794年に、二の丸に紀州藩陣屋が建てられた。
以後、紀州藩領として明治維新を迎えた。
1871年に、廃藩置県により廃城となった。

まあ、蒲生氏郷の築城というところがミソの城である。

ともあれ、松阪城スタンプゲットだぜ!!これで、37/100名城攻略達成。
松坂城スタンプ

松阪城の現在の地図である。
松坂城地図

松阪城の古写真。パンフレットより借用。
松坂城古写真1

松阪城の航空写真。パンフレットより借用。これは著作権侵害になるかもな。
松坂城パンフレット

地図中の①の場所。
南から攻めることになったのである。
御城番屋敷。
松坂城01

米蔵。松阪城内にあったものといわれている。
本当だとすれば、松阪城で唯一残る建造物だそうな。
松坂城01-2

地図中の②の場所。
裏門。
松坂城02

裏門左手の石垣。立派な野面積みである。
松坂城02-2

地図中の③の場所。
きたい丸の石垣。
松坂城03

同じく。
松坂城03-2

地図中の④の場所。
松坂城04

城郭シリーズ第94弾『松阪城(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第93弾『松阪城(その1)』
城郭シリーズ第94弾『松阪城(その2)』
城郭シリーズ第95弾『松阪城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
こんな城もあったんだ~日本名城・奇城ガイド~こんな城もあったんだ~日本名城・奇城ガイド~
(2010/02/27)
本岡 勇一

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。