タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第98弾『伊賀上野城(その3)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第98弾『伊賀上野城(その3)』

城郭シリーズ第97弾『伊賀上野城(その2)』の続き。

地図中の⑧の場所。
筒井古城跡の石垣である。
筒井古城跡は、本丸より高い位置にある。
伊賀上野城08-6

同じく。
伊賀上野城08-7

同じく。
伊賀上野城08-8

地図中の⑨の場所。
筒井古城跡への別の門の跡。
伊賀上野城09

同じく。これは積み直されたもののようだ。
伊賀上野城09-2

そして、とうとう本丸へ。
模擬天守閣である。
地図中の⑩の場所。
伊賀上野城10

同じく模擬天守閣である。
伊賀上野城10-2

同じく。
伊賀上野城10-3

本丸から見た高石垣。足に震えがくる高さである。
伊賀上野城10-4

天守台のふもとに積み上げてあった石礫。
石垣を組むのに使ったものか、戦時を想定して用意していたものかは分からない。
最近のものである可能性もある。
伊賀上野城10-5

感想

松阪城にしろ伊賀上野城にしろ建築物が残っていないのは残念な気がする。
しかし、伊賀盆地というのは、非常に狭い。
そのため作高が少ない伊賀盆地に生きた人々は、戦国の世に忍びの術を糧に自らを売り込んでいったのである。
ところで、筒井古城跡が本丸より高い場所にあるというのが、すごく奇異に感じられた。
筒井古城跡を取られてしまうと、ほとんど、この城は落ちたも同然になってしまうのではないかと思うからだ。
実際に見てみると、高石垣はすごく堅固にできているが、反対の筒井古城跡側は簡単に突破されそうなのだ。
そのような状態であるのは、未完成だったからだろうか???
でも、まあ、築城の名手、藤堂高虎のことだから、その辺の対策はするつもりであったのだろうと思う。

関連記事
城郭シリーズ第96弾『伊賀上野城(その1)』
城郭シリーズ第97弾『伊賀上野城(その2)』
城郭シリーズ第98弾『伊賀上野城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
週刊 名城をゆく 43 伊賀上野城・津城 小学館ウィークリーブック週刊 名城をゆく 43 伊賀上野城・津城 小学館ウィークリーブック
(2004)
大山邦興

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。