タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第106弾『小谷城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第106弾『小谷城(その1)』

8月11日、小谷城を攻略しに、彦根をたち、河毛駅に向かう。
河毛駅から小谷城歴史資料館までレンタサイクルで借りた自転車をひたすらこぐ。

小谷城(おだにじょう)は、滋賀県長浜市湖北町伊部にあった梯郭式山城。

歴史(ウィキペディアより引用)
1523年~1524年頃に、浅井亮政が築城したという説が有力である。
1570年に、小谷城より程近い姉川の戦いでは浅井・朝倉連合軍と織田・徳川連合軍が激突し、織田軍が勝利する。
しかし、織田信長は小谷城の堅固さを考慮して城攻めを断念、姉川南岸の横山城を築城、有力部将の木下秀吉を配置し、浅井氏に対する付城とした。
1573年に、山本山城の守将である阿閉貞征が羽柴秀吉の調略に乗って織田方に寝返る。
この城が手に入ったことで織田方は小谷城の包囲が可能になった。
さらに織田軍は、後詰に来た朝倉軍が撤退するところを一気に強襲し、朝倉軍に壊滅的な打撃を与えた(刀根坂の戦い)。
織田信長は、朝倉氏を滅亡させ、虎御前山に帰陣した。
羽柴秀吉の軍勢が小谷城京極丸を急襲して陥落させ、本丸を守る長政と小丸を守る長政の父・久政を分断させ、小丸を落城させ、久政は自害した。
次の日には本丸も落ち、長政は自刃し、浅井氏は滅亡した。
小谷城は羽柴秀吉に与えられる。
しかし、1575年に、羽柴秀吉は、今浜に新たに長浜城を築城して居城とした。
そのため、小谷城は廃城となった。

まあ、浅井長政とお市の方とその娘、三姉妹の悲劇で有名である。

小谷城スタンプゲット。42/100名城攻略達成。
小谷城スタンプ

小谷城の地図。まあ、一乗谷城と構造が似ているような気がする。
小谷城地図

小谷城歴史資料館でスタンプを押して、そこから出丸のふもとからひたすら登る。
地図中の①の場所。
番所跡。
ここまで登るのがすさまじく大変だった。死ぬかと思った。
しかし、ここまではバスが来ているのである。バスを使うべきだったorz
小谷城01

番所跡から御茶屋跡への道。
小谷城02

地図中の③の場所。
御茶屋曲輪。
小谷城03

地図中の④の場所。
馬洗い池。御馬屋曲輪にあるので、馬を洗ったりしたのであろう。
小谷城04

首据石。
浅井家初代、亮政が裏切った家臣の首を見せしめのためにここに晒したそうな。
小谷城05

地図中の⑥の場所。桜馬場。
馬の調教でもしたのかだろうか。
小谷城06

墓???供養塔???いずれにせよ、浅井家とその家臣のためのものである。
小谷城06-2

同じく桜馬場曲輪。
小谷城06-3

黒金門跡。石垣で覆われていたことがわかる。
小谷城07

城郭シリーズ第107弾『小谷城(その2)』に続く。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
こんな城もあったんだ~日本名城・奇城ガイド~こんな城もあったんだ~日本名城・奇城ガイド~
(2010/02/27)
本岡 勇一

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。