タヌキおやじの日々の生活 最近、思うこと     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、思うこと

中国では、尖閣に端を発した日系企業への暴動が起こっているようだ。
なんか、前回の菅内閣での尖閣への漁業監視船の時は、吾輩は、中国に恐怖を感じたけれど、今回は、それを通り過ぎて、冷静になってしまっているのを感じる。
いったい、中国という国は、何を目指しているのだろうか。
世界を制覇することか???
一見、中国政府というのは、賢くクレバーにやっているように見えるが、本当にそうなのか???
吾輩は、人生において、自分が策におぼれたこともあるし、策におぼれた人を見たこともあるが、中国政府が策におぼれることはないのであろうか???

世界のハッキングなどの発信地のほとんどは、中国だと言われていたり、今回のように、他国人に対して暴動を起こしたり、周りの国々と領土紛争を起こして周りを敵だらけにしたり、結局、自分たちの国の評判を下げるだけではないのか???

そんな国でビジネスをやりたいと思う人は、どんどん少なくなっていくのではなかろうかと思う。
また、今現在、中国は不動産バブルがはじけたところと大学院時代の吾輩の友人が言っていたが、中国人が本来自分が持ってる以上に自分たちの実力を過信している状態になっていることは間違いないと思う。
尖閣に対する行動も、それを中国国民に対してごまかすためのものかもしれない。

ともあれ、中国がどうなろうと吾輩は知ったことではないのだが、我が国がどうすべきか。
尖閣に中国の漁業監視船が領海侵犯するを防ぐのは、威嚇射撃したり、拿捕したりできるように法改正して、実際にそうすれば、防げるだろうと思う。
でも、それは愚策であると思う。
勢いある力に対して、力で対抗すると、自分たちの被害が大きいからである。
流れを止めるのではなく、受け流すことが必要だと思う。
毛沢東の戦略だが、進撃してくる敵に対しては、退き、敵が疲弊して停止したら、攻撃し、敵が退却を始めたら、追撃するという戦略を実行すべきであろう。

具体的には、日本政府は、短期的には、現状維持を図り、中長期的には、経済の重点を中国から他の新興国に分散して移すべきであろう。
日本政府がやらなくても、民間企業は、自発的に中国に進出するのを抑制するようになるかもしれないが。。。

一見、中国は我が世の春を迎えているようであるが、不動産バブルの崩壊など、その繁栄は短いのではないかと吾輩は思う。
まあ、突飛な甘い考えに過ぎないかもしれないが。。。。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。