タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第119弾『大和郡山城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第119弾『大和郡山城(その1)』

高取町からひたすら北上すること一時間、大和郡山城に到着する。
ここは、百名城には選ばれなかったが、行ってみたい城の一つであったのである。

大和郡山城とは。。。。
奈良県大和郡山市にあった輪郭式平山城。
別名、雁陣之城。

歴史(例によってウィキ)
1162年に、郡山衆が雁陣の城を築いた。
この当時の城は盛り土と柵をめぐらした環濠集落のようなものであった。
1506年に、赤沢朝経軍が大和国に侵攻してくると、郡山衆は郡山城に立て篭もった。
郡山城の最初の攻城戦であった。
その後、郡山衆は、筒井氏から、越智氏、松永久秀と、属する勢力を変える。
1580年に、筒井順慶が織田信長の援助を得て、大和国守護となると郡山城主・郡山辰巳は殺され、家来衆はそのまま筒井順慶に組み込まれた。
1584年に、筒井順慶が死去すると、養子の筒井定次は伊賀上野城へ転封となった。
1585年に、豊臣秀長が大和国・和泉国・紀伊国三ヵ国100万石余の領主として郡山城に入る。
秀長は城を100万石の居城に相応しい大規模なものに拡大し、城郭作りや城下町の整備を急いだ。
1591年に、豊臣秀長が没し、その養子豊臣秀保も1595年に急死すると、大和大納言家は断絶する。
その後、五奉行の一人増田長盛が入城する。
このとき堀と土塁で城下町を囲む壮大な惣構えが構築され、郡山は城郭都市の様相を呈するに至った。
関ヶ原後に増田長盛は高野山に追放となった。
その後、徳川家康は筒井一族の筒井定慶には1万石と、その弟筒井順斎には200石を与え、郡山城に入城させた。
1615年に、豊臣秀頼軍に攻められ、筒井定慶は落ち延び、落城するが、秀頼軍は退却した(郡山城の戦い)。
同年、郡山城の戦いの後に、軍功のあった水野勝成が入城し、荒廃した城郭の修築を行った。
その後、松平忠明から本多政勝、松平信之、本多忠平と城主を変え、その後本多氏が何代か続いた。
しかし、1723年に、本多忠烈が8歳で死去すると本多氏は断絶した。
1724年に、柳沢吉里が甲府城から移り15万石に封ぜられ、明治維新まで柳沢氏が代々城主を勤める。
1873年に、郡山城は明治維新より破却された。

大和郡山城の地図。
大和郡山城地図

地図中の①の場所。
鉄御門跡付近の石垣と水堀。
大和郡山城01

門の石垣。
大和郡山城01-2

地図中の②の場所。
追手東隅門。復元である。
大和郡山城02

地図中の③の場所。
大和郡山城03

地図中の④の場所。
大和郡山城04

毘沙門廓を囲む水堀と石垣。
大和郡山城05-0

同じく。
地図中の⑤の場所。
大和郡山城05-1

追手向櫓。復元。
大和郡山城05-2

追手門。復元。
大和郡山城05-3

城郭シリーズ第120弾『大和郡山城(その2)』に続く。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城 (1) (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城 (1) (歴史群像シリーズ)
(2004/04)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。