タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第122弾『金沢城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第122弾『金沢城(その1)』

10月6日、高岡を離脱し金沢に向かう。
吾輩、昔は金沢に毎週のように通っていた。
懐かしい思い出である。
当然、金沢城も何度も行っており、四度目の登城(攻城)である。

金沢城とは。。。。
石川県金沢市丸の内にあった梯郭式平山城である。
別名、尾山城、金城。
加賀藩主前田氏の居城だった。

歴史(ウィキから引用)
1546年に、空堀や柵などを備える城造りの寺院であった尾山御坊(金沢御堂)が建立され、本願寺の拠点となった。
1580年に、佐久間盛政が尾山御坊を攻め落とし、金沢城と改称して用いた。
1583年に、前田利家が入城し、尾山城と改称した。
1587年に、バテレン追放令により除封されたキリシタン大名の高山右近が利家に呼ばれ、尾山城の大改造を行った。
1592年に、利家の子、前田利長が再び改造を行った。
1602年に、天守が落雷によって焼失、代わりに三階櫓が建造された。
また、この頃から金沢城という名称が定着した。
1873年に、全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方により存城処分となり、陸軍省の財産となる。
1881年に、火災で石川門と三十間長屋と鶴丸倉庫を残して焼失。

ともあれ、金沢城スタンプゲット。50/100名城攻略達成。
ようやく半分である。しかし、これからは遠いところばかりなので時間も金もかかるだろうなあ。
金沢城スタンプ

金沢城の地図。案内板より失敬。
金沢城地図

地図中の①の場所。石川門。現存建造物である。修復作業中であった。
金沢城001

石川門の続櫓。
金沢城001-2

桝形内に入って、櫓門。
金沢城001-3

同じく。
金沢城001-4

桝形内からみた続櫓。
金沢城001-5

三の丸から見た櫓門。
金沢城001-6

三の丸から見た続櫓。
金沢城001-7

地図中の②③の場所。
三の丸から見た菱櫓と五十間長屋。
金沢城002

左から橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓。
金沢城002-2

城郭シリーズ第123弾『金沢城(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第122弾『金沢城(その1)』
城郭シリーズ第123弾『金沢城(その2)』
城郭シリーズ第124弾『金沢城(その3)』
城郭シリーズ第125弾『金沢城(その4)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城8 金沢城 (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城8 金沢城 (歴史群像シリーズ)
(2004/10/20)
編集部

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。