タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第125弾『金沢城(その4)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第125弾『金沢城(その4)』

城郭シリーズ第124弾『金沢城(その3)』の続き。

地図中の⑫の場所。
玉泉院丸鼠多門跡付近。これが続櫓かな???よくわからん。
金沢城012-3

玉泉院丸鼠多門跡らしいのだが、古写真と較べても違いすぎてどこがどうなっているのかわからん。
金沢城012-4

玉泉院丸鼠多門の古写真。
金沢城012-5

地図中の⑬の場所。いもり掘。
金沢城013

本丸を望む。
金沢城013-2

鯉喉櫓台。
金沢城013-3

辰巳櫓台を望む。明治期の石垣が混ざっているらしい。
金沢城013-4

同じく。
金沢城013-5

地図中の⑭の場所。
玉泉院丸の石垣。芸術的である。
金沢城014

本丸の裏側付近の石垣。
金沢城は、石垣の博物館と言われるだけあっていろいろな石垣がある。
金沢城014-2

感想
吾輩が、石川県に住んでいた頃には復元されていなかった河北門が復元されていた。
また、玉泉院丸を復元中であった。
百名城巡りを始めてからいろんな地方の城を廻っているのだが、地方自治体によっても予算があるところとないところがあるのだなあと思った。
まあ、金沢市は潤沢と言えるし、金沢城の復元にかける熱意も大したものである。
反対に前に行った高取城がある高取町などは、きっと財政が苦しいのだろうなあと思った。
まあ、もっとも徳島城がある徳島市のようにまったくやる気がないところもあるが。
城の整備においても地方によっていろいろな特色があっておもしろいと感じた。

関連記事
城郭シリーズ第122弾『金沢城(その1)』
城郭シリーズ第123弾『金沢城(その2)』
城郭シリーズ第124弾『金沢城(その3)』
城郭シリーズ第125弾『金沢城(その4)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城8 金沢城 (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城8 金沢城 (歴史群像シリーズ)
(2004/10/20)
編集部

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。