タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第133弾『一乗谷城(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第133弾『一乗谷城(その2)』

城郭シリーズ第132弾『一乗谷城(その1)』の続き。

地図中の③の場所。朝倉氏館の水濠とそれに続く縦掘である。
一乗谷城 003-4

土塁の上から見た櫓跡???
一乗谷城 003-5

庭園の遺構。
一乗谷城 003-7

館跡全景。
一乗谷城 003-8

地図中の④の場所。
中の御殿跡の入り口の石垣。
一乗谷城 004

地図中の⑤の場所。
復元町並み。
一乗谷城 005-2

武家屋敷。
一乗谷城 005-1

同じく。
一乗谷城 005-3

地図中の⑥の場所。
上城戸。
一乗谷城 006-1

同じく。
一乗谷城 006-2

感想
この狭い谷に一万人が住むのは大変だったであろうと推測する。
朝倉氏の繁栄の痕がうかがえるが、織田信長の攻撃によってあっという間に灰燼に帰してしまった。
繁栄させるための努力は、大変なものだが、繁栄を失ってしまうのは簡単である。
栄枯盛衰を感じることができた一乗谷遺跡であった。
次は、11月下旬に岡山県の百名城を攻略予定。

前の記事
城郭シリーズ第132弾『一乗谷城(その1)』
関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
戦国城下町の考古学―一乗谷からのメッセージ (講談社選書メチエ)戦国城下町の考古学―一乗谷からのメッセージ (講談社選書メチエ)
(1997/07)
小野 正敏

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。