タヌキおやじの日々の生活 立花隆「宇宙を語るⅠ 宇宙飛行士との対話」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立花隆「宇宙を語るⅠ 宇宙飛行士との対話」を読破!!

いろいろと頑張らねばなあ~

宇宙を語る〈1〉宇宙飛行士との対話 (中公文庫)宇宙を語る〈1〉宇宙飛行士との対話 (中公文庫)
(2007/05)
立花 隆

商品詳細を見る


立花隆と四人の日本人宇宙飛行士との対話集である。
第一章が、毛利衛さん。
この人は、ペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)として初めてスペースシャトルで宇宙に行った人であった。
単なる日本人宇宙飛行士としては、秋山豊寛さんに次ぐ二番目であったが。。。
第二章が、向井千秋さん。
この人もペイロードスペシャリストであった。
初めて宇宙に行った日本人女性宇宙飛行士である。
第三章が、菊地涼子さん。
この人は、TBSの秋山豊寛さんの代替要員として一緒に訓練を受けたのだそうな。
秋山さんが、宇宙に行ったので、この人は宇宙には行かなかったが、ソ連の宇宙飛行士の資格は持っている。
吾輩、秋山さんは、知っていたが、この人は知らなかった。
日本人初の宇宙飛行士が、女性だったら面白かったのにと思う。
第四章が、野口聡一さん。
この人は、いまでも現役で活躍しているミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者)である。

本書を読んで思ったのは、宇宙飛行士と言っても、バックグラウンドによってそれぞれ個性があるのだなあということだ。
読んでいて感じたのは、毛利さんと、向井さんは、科学者や医者出身なので、サイエンス志向が強いなあと感じた。
それに対して、菊地さんは、マスコミの人なので、柔らかい感じを受けたし、野口さんは、技術者出身なので、技術志向が強いと感じた。
いずれにしても、すごい倍率の中をくぐり抜けてきた人々なので頭が良くてバランスが取れている人々なのだが。
今のところ、JAXAで宇宙飛行士として募集しているのは、理系の人間だけだが、将来、宇宙旅行ができるようになって、いろんなバックグラウンドの人々が宇宙に行ったら、いろんな触発があって、いろいろな発想が生まれてきそうで楽しみである。

毛利さんと向井さんとの対談は、国際宇宙ステーションができる10年以上前のものらしい。
だから、部分的には、話としては古く感じるが、大部分は、今でも色褪せない体験を語ってくれていると思う。

毛利さんによると、宇宙開発の意義を講演する時、アメリカでは、宇宙を開拓するというフロンティア論で講演すると非常に盛り上がるのだが、日本ではあまり盛り上がらないそうである。
国民性の違いであろう。
そこで、生物進化論に則って講演すると、非常に受けが良かったとのことである。
海の中で生命が誕生して、陸に上がって行って、空へ進出し、つい最近、宇宙への進化を遂げたと。。。
まあ、居住環境を拡大していって、人類の可能性を大きくするということなんだろうなあと思う。
でも、それに伴って、吾輩たちが好きなガンダムの世界みたいに宇宙戦争みたいなことが起こる可能性も増えるわけだが。

宇宙に行った人、宇宙に行く訓練を受けた人が、それらをどう感じたか、非常に興味深く読める一冊である。

自分の評価
★★★☆☆50点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。