タヌキおやじの日々の生活 レスリー・ハワード監督「スピットファイヤー」を観る!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスリー・ハワード監督「スピットファイヤー」を観る!!

う~ん、風邪をひいたようだ。
咽喉が痛い(><)

スピットファイヤー [DVD]スピットファイヤー [DVD]
(1998/11/21)
レスリー・ハワード、デビッド・ニーブン 他

商品詳細を見る


実家にあった映画「スピットファイアー」を初鑑賞する。
ちなみに、1942年に公開のイギリス映画である。
スピットファイアとは、イギリスの単発レシプロ単座戦闘機である。
第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。
バトル・オブ・ブリテンの際、イギリスをドイツ空軍の手より救った救国戦闘機として有名である。

監督
レスリー・ハワード
出演者
レスリー・ハワード、デヴィッド・ニーヴン

あらすじ(DVDケース裏面より引用)
『イギリスの生んだ名優「風と共に去りぬ」のアシュレイ役でも有名なレスリー・ハワードが自ら企画・製作・監督・主演を見事にこなし、この作品の撮影終了後軍人として戦死、最後の1本となってしまったメモリアルなもの。
第2次世界大戦中に活躍した名戦闘機”スピットファイアー”を設計した男R・J・ミッチェルのドラマで、きわめてドラマチックに展開されていく。
共演はデヴィッド・ニーヴン。
また、英国空軍協力による航空シーンも見逃せない。』

これが、スピットファイア。ちなみにMk.Ia型。
Supermarinespitfire.jpg

イギリスを代表する名戦闘機スピットファイアーを設計したミッチェル技師というと、日本でいうと、零戦を設計した堀越二郎技師に相当する人であろう。
ただ、経歴から言うと、堀越技師が、はじめから戦闘機の設計を手掛けたのに対して、ミッチェル技師は、シュナイダー杯という水上機の速度を競う大会での機体を設計し活躍して、それからスピットファイアの設計を手掛けたという点で異なる。
また、この映画では描かれていないが、ミッチェル技師は、飛行機の技師をする前は、蒸気機関車製造会社で技師をしていたみたいだ。
東大出でエリートの堀越技師と較べると、たたき上げという感じだ。
しかし、この映画では、そのような感じは出さずに、あくまでも英国紳士というふうに描写されている。
この人は、第二次世界大戦がはじまる前に癌でなくなっているみたいだ。
死して、なお祖国を守った救国のエンジニアというところであろうか。
戦争中を生きて国を守るべく頑張ったが救国できなかった日本のエンジニアと較べると、戦争前に死んでしまったが、救国に成功したということで報われた人なのかなあと思う。
吾輩が思うに、機体の設計エンジニアの水準は、日本とイギリスではそう変わらなかったと思う。
それでも、ミッチェル技師の技量は、大したものであったと思うが。。。。
大きく異なっていたのは、エンジンの性能であろう。
日本のエンジニアは、エンジンについては、口惜しい思いをしたのではないかと思う。
なにせ、日本のゼロ戦が、一千馬力で頑張っている時に、アメリカのグラマンF6Fは、二千馬力であったのだから。。。。
機体の設計者が、いくら頑張ってもその差を埋めるのは、至難の業だよなあと思う。
ともあれ、チープなところもあるが、昔の映画としては面白いのではないかと思う。
あと、大戦機マニアは、必見の映画である。

自分の評価
★★★☆☆50点

関連記事
山本嘉次郎監督「加藤隼戦闘隊」を観る!!
※「スピットファイアー」は、イギリスの戦意高揚映画であったが、日本の戦意高揚映画。

参考
紅の豚 [DVD]紅の豚 [DVD]
(2002/03/08)


商品詳細を見る

※水上機全盛の時代を描いたアニメ。シュナイダー杯の雰囲気を感じることができる。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。