タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」を読破!!

混沌としている政界。
でも、今度の選挙で混沌が収束しそうもないなとも感じる。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
(1999/05/14)
東野 圭吾

商品詳細を見る


加賀恭一郎シリーズである。
加賀シリーズは、東野圭吾の作品のなかでも最も刊行数が多いのではないかと思われる。
それだけ加賀恭一郎のキャラに共感が得られているということだろう。
吾輩としては、ガリレオシリーズの方が面白く感じているのだが。。。
主人公は、被害者の兄の泉康正と言ってよいのではなかろうか。
加賀恭一郎は、脇役にまわってる感がある。
まあ、同じく加賀恭一郎シリーズの「私が彼を殺した」の対になる作品と言っていよいかと思う。

内容(カバー裏面より引用)
『最愛の妹が偽装を施され殺害された。
愛知県警豊橋署に勤務する兄・泉康正は独自の”現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。
一人は妹の親友。
もう一人は、かつての恋人。
妹の復讐に燃え真犯人に肉薄する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。
殺したのは男か?女か?
究極の「推理」小説。』

結局、最後にどちらかが犯人かは判明するのだが、読者には教えず、ヒントとなる袋とじがある。
ちなみに吾輩は、ヒントを読んでも分からなかったので、ネットで調べるという反則技を使った。
まあ、最後まで、犯人が男の可能性が高くなったり、女の可能性が高くなったりと二転三転するのである。

最後の康正と加賀刑事のやり取りが非常にカッコよく印象に残った。
『君ともう一度酒を飲みたかったからだといったら、この男はどんな顔をするだろうかと康正は考えた。
この想像は、少し彼の心を和ませた。』
『「どちらかが園子を殺した―それさえ分かっていれば十分だったのかもしれない」』

本当の刑事が読んだら、きっと問題点がありまくりなのだろうが、読み物としては面白い。
加賀恭一郎シリーズの中でもお薦めの一冊です。

自分の評価
★★★☆☆65点

関連記事(本ブログにおける加賀恭一郎シリーズのレビュー)
東野圭吾「卒業-雪月花殺人ゲーム」を読破!!
東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」を読破!!
東野圭吾「私が彼を殺した」を読破!!
東野圭吾「悪意」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。