タヌキおやじの日々の生活 犬童一心・樋口真嗣監督「のぼうの城」を観る!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬童一心・樋口真嗣監督「のぼうの城」を観る!!

この映画を観終わった後、駅前で小泉進次郎が演説をしていた。
幾分嫉妬も混じっているが、特段、何をしたわけでもない若者をもてはやし過ぎるのではと思った。



現在上映中の映画「のぼうの城」を観にいってきた。
豊臣秀吉の北条征伐で唯一落城しなかった忍城攻防戦を題材にした映画である。

監督
犬童一心、樋口真嗣
原作
和田竜
出演者
野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、
山田孝之、平岳大、市村正親、鈴木保奈美、佐藤浩市

あらすじ
『周囲を沼に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)。
成田氏長が城主をつとめる武蔵国の城である。
一方、成田氏一門の長親は、領民から「のぼう様」と呼び親しまれる人物であった。
ときに、天下統一目前の豊臣秀吉は、成田氏が仕える北条氏の小田原城を落城させんとしていた。
氏長は、北条氏に従うように見せかけ、裏で豊臣側への降伏を内通し、籠城作戦に参加していた。
石田三成は忍城に戦を仕掛けんとする。
城はすぐに落ちるはずだった。
だが、軍使長束正家の傲慢な振る舞いに怒った総大将・長親は「戦」を選択した。
氏長より降伏を知らされていた重臣たちは、初め混乱するが覚悟を決め、かくて忍城戦は幕を開けた。』

原作を読んでいたので、映画を観る前からあらすじは分かっていたのだが、まあまあの出来だったのではないかと思う。
意外に、石田三成を演じる上地雄輔の演技が様になっていて驚いた。
上地君というとおバカキャラで通っているので、キレ者である石田三成を演じられるのかなあと思っていたのである。
それに、忍城側の将の一人、正木丹波を演じる佐藤浩市が光っていた。
漆黒の魔人、カコいいです。
男が惚れる男である。
しかし、意外に山田孝之が演じる大谷吉継がいまいちだったなあと感じた。
この人は、関ヶ原で三成を助けて西軍側最後の奮戦をした人物なのでもうちょっと工夫が欲しかった。
正木丹波は、戦後、忍城近くに寺を開基して、僧侶になったということを知った。
忍城攻防戦で活躍した人であったのなら、いくらでも仕官の口があったであろうに、仕官しなかったというのは、それほど忍の地に愛着があったのであろうか。
それに、他の柴崎和泉守にしても、酒巻靱負にしても、それ以降の消息が分からない。
いずれも仕官には困らなかったはずである。
籠城した人々の記録がほとんどないのが残念である。
ともあれ、原作を読んだ人でも十分に楽しめるし、読んでない人は当然楽しめる作品であると思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
和田竜「のぼうの城」を読破!!
城郭シリーズ第11弾『忍城』

参考
のぼうの城 通常版 [DVD]のぼうの城 通常版 [DVD]
(2013/05/02)
野村萬斎、佐藤浩市 他

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。