タヌキおやじの日々の生活 濱嘉之「警視庁情報官 ブラックドナー」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱嘉之「警視庁情報官 ブラックドナー」を読破!!

昨日は芯から凍える寒さであった。

警視庁情報官 ブラックドナー (講談社文庫)警視庁情報官 ブラックドナー (講談社文庫)
(2012/10/16)
濱 嘉之

商品詳細を見る


濱嘉之の警視庁情報官シリーズの最新作の文庫本が出たので購入したのであった。
本ブログでは、もっともPV数が多い警視庁情報官シリーズである。
濱嘉之は、主人公の黒田が率いる情報室を情報機関として位置付けているようだが、内実は、捜査機関に近いと感じる。
強いて言うと、犯罪にまつわる情報を収集し、分析する情報機関であろう。
ともあれ、シークレット・オフィサー、ハニートラップ、トリックスターに続いて、ブラックドナーである。
題名から、不正な臓器売買にまつわる小説であろうと推測がつく。

内容(カバー裏側より引用)
『旅行先のハワイで偶然、極盛会組長の宝田を認めた黒田純一。
体調不良と噂されていた宝田は、入国が禁止されているはずのアメリカで臓器移植手術を受けていた。
何かある―――臓器密売ルートを暴くため黒田はマニラへ飛び、部下はロスとアモイに潜る。
スケールアップした捜査に舌を巻く警察小説の進化形!』

今までの濱嘉之の作品と較べて、幾分、シンプルになっていると思う。
そのおかげで内容が分かりやすくなっている。
濱嘉之も作家として成功するためには、どうすればよいか研究したのかもしれない。
この作品では、濱嘉之の政治的主張が明確になっている。
まあ、やはり警察出身の人だなあと。。。。
佐々淳行などと思想は近いであろう。
それに、韓国、中国に対する敵意がむき出しにされているような気がする。
吾輩から見ると、若干、視野が狭いように感じるのだが。。。。
吾輩などは、経歴上、テクノロジーや産業の側面から見てしまうので、もうとてもではないけれど侮れる相手ではないし、特定の分野では、なかなか敵う相手でもないと感じるのだが。。。。

違法臓器の出所だが、ネタばれしてしまうと、中国なのだが、それがすごい内容となっている。
中国が法治国家ではないということについては、まったく同意なのだが、本当にここまでなのだろうかと。。。
こんなことを書いてよいのかということが書かれている。

昨今の世界情勢とそれに対する国民感情が反映されている作品である。
しかし、警視庁の有能さばかりを書いていて、先日の遠隔操作によるネット書き込みで誤認逮捕したような不祥事を考えると、どうも違和感を感じるところもある。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
濱嘉之「警視庁情報官 シークレット・オフィサー」を読破!!
濱嘉之「警視庁情報官 ハニートラップ」を読破!!
濱嘉之「警視庁情報官 トリックスター」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。