タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第152弾『今治城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第152弾『今治城(その1)』

12月26日、早朝の飛行機に乗って松山空港へ到着。
そこからレンタカーを運転して、ひたすら今治城を目指すこと一時間半、今治城に到着。

今治城(いまばりじょう)とは。。。。
愛媛県今治市通町にあった輪郭式平城(海城)。
別名、吹上城、吹揚城。
日本三大水城の一つに数えられている。

歴史
1602年に、藤堂高虎によって築城開始される。
1604年に、完成した。
普請奉行として渡辺了の名が知られている。
1609年に、高虎が伊勢国津城に移封となり、同時に天守は丹波国亀山城に移築されたと伝わる。
高虎自身は移封されたが今治領2万石は飛び地として残り養子の高吉が居城した。
1635年に、高吉は伊賀国名張に移り、代わって伊勢国長島城より松平(久松)定房が入城する。
以後、明治維新まで今治藩・久松松平氏の居城となった。
広大な城郭は江戸260年間保たれたが、明治維新以後、廃城令により建築物は破却された。

現存の建築物はないが、大々的に復元されているので非常に見栄えがする。
歴史ファンは、かつての日本の城とはこのようだったのかと感動すること請け合いの城である。
まあ、藤堂高虎の縄張りで渡辺了が普請奉行を勤めた事と海城ということが特徴かと。。。

今治城スタンプゲット。62/100名城攻略達成。
今治城スタンプ

今治城の地図。
今治城地図

地図中の①の場所から。
山里櫓と高麗門と模擬天守。
今治城001-1

武具櫓と山里櫓と天守。
今治城001-2

武具櫓と山里櫓。
今治城001-3

地図中の②の場所から。
武具櫓と天守と山里櫓。
今治城002-1

武具櫓と鉄御門と御金櫓。
今治城002-2

地図中の③の場所から。
多聞櫓と鉄御門と武具櫓。
今治城003-1

同じく。
今治城003-2

地図中の④の場所から。
御金櫓。
今治城004

地図中の⑤の場所。
鉄御門。
今治城005-1

城郭シリーズ第153弾『今治城(その2)』に続く。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
よみがえる日本の城10 大洲城 (歴史群像シリーズ)よみがえる日本の城10 大洲城 (歴史群像シリーズ)
(2004/12/01)
編集部

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。