タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第168弾『唐沢山城(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第168弾『唐沢山城(その2)』

城郭シリーズ第167弾『唐沢山城(その1)』の続き。

地図中の⑤の場所。
武者詰の土塁。
唐沢山城005-4

地図中の⑥の場所。
二の丸から本丸への門跡。
唐沢山城006

地図中の⑦の場所。
本丸には、唐沢山神社が。。。
唐沢山城007

地図中の⑧の場所。
唐沢山城008

地図中の⑨の場所。
南城の石垣。
唐沢山城009

地図中の⑩の場所。
本丸の石垣である。
ここの石垣が一番、立派である。
唐沢山城010-1

同じく。
唐沢山城010-2

同じく。
唐沢山城010-3

二の丸への門。
唐沢山城010-4

二の丸から本丸にかけての石垣。
唐沢山城010-5
この後、逆井城に向かう。

感想

関東の城では珍しい石垣の城である。
関東の石垣の城は、ここと金山城が有名であろうか。
神社があるため、だいぶ遺構に手が加えられているが、往時を偲ぶことはできる。
かつてはかなり堅固であっただろうと思われる。
上杉謙信の猛攻を耐え続けただけある。
山奥にあるため、辿り着くのが大変だった。

前の記事
城郭シリーズ第167弾『唐沢山城(その1)』
関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
戦国の城 (歴史群像シリーズ特別編集)戦国の城 (歴史群像シリーズ特別編集)
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

こちらの唐沢山城っていうのも全然知りませんでした。

ホント、あんな立派な石垣は関東では珍しいですよね。
石垣自体はいつ頃のものなんでしょうね?

城に興味を持ったのは、もう小学生の頃だったんですけど。
あの頃は城っていうと、私自身も世間的にも、天守閣ーっ!ってイメージが強くて。
親にせがんで、中京地域等の城に連れてってもらうのがせいぜいでしたけど。
関東にこんなに城があると知ってたら、出かけてたのかもしれません。
  • 2013-04-28 13:41
  • URL
  • 百物語ガール #-
  • Edit

Re: タイトルなし

関東で石垣の城というと、群馬県の金山城と栃木県の唐沢山城と東京都の八王子城と江戸城と、神奈川県の小田原城ぐらいですかね。
まあ、珍しいですね。
唐沢山城の石垣の時代は、戦国末期、安土桃山時代、江戸初期ぐらいではないですかね。
  • 2013-04-28 22:41
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。