タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「流星の絆」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「流星の絆」を読破!!

天気の良い日が続くな~

流星の絆 (講談社文庫)流星の絆 (講談社文庫)
(2011/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


再読である。
テレビドラマ化もされた作品である。
シリーズ物ではない。

内容(帯より引用)
『惨殺された両親の仇討を流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、あいつ(妹)は本気だよ。
俺たちの仇の息子に惚れてるよ。」
14年後、―――
彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。』

読んでの感想はというと、ええ話や。。。というものである。
まあ、東野作品には、珍しく複雑なトリックがない。
理系的な要素も皆無と言っていいだろう。
一般人向けする内容となっている。
人間不信が渦巻く東野作品の中では珍しく、人間愛に溢れた作品と言ってよいと思う。
まあ、毒がないミステリー小説である。
よって、ドラマ化もしやすい。
ただ、ドラマの方は、原作に忠実という訳ではなく、だいぶ改変されているようだ。
吾輩は、見ていないので分からないが。。。。

内容としては、トリックとかより人間ドラマに重点を置いている感じだ。
三兄妹、仇の息子のキャラクターが際立っていて、面白い。
長男の功一が、詐欺のリーダー格でキレ者。
次男の泰輔が、おっとりしているという感じの実行役。
妹の静奈が、美貌を武器にする実行役。
親を失い苦労する三人に対して、大手洋食チェーンの御曹司として戸神行成が出てくる。

三人は、はじめ、戸神行成を詐欺にかけようとし、その父親が仇だと気付いた時から、仇を討つために利用しようとするのだが、行成が、一見、お坊ちゃまであるようで、実を言うと、一筋縄でいかないというところがミソである。

ともあれ、赤川次郎あたりが好きな人は、楽しく読めそうだ。

自分の評価
★★★★☆70点

参考
流星の絆 DVD-BOX流星の絆 DVD-BOX
(2009/04/15)
二宮和也、錦戸亮 他

商品詳細を見る

※宮藤官九郎が脚本らしい。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。