タヌキおやじの日々の生活 吉村昭『幕府軍艦「回天」始末』を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭『幕府軍艦「回天」始末』を読破!!

今年は、花粉は少ないのであろうか。

幕府軍艦「回天」始末 (文春文庫)幕府軍艦「回天」始末 (文春文庫)
(1993/12)
吉村 昭

商品詳細を見る


戊辰戦争、特に函館戦争における旧幕府軍の軍艦「回天」に焦点を当てた作品である。
木造外輪式の蒸気船で、マスト3本のコルベット艦だったそうな。
排水量710トン、400馬力。
全長69m、全幅10.6m。
プロイセンで製造され、イギリスで改装。
宮古湾海戦と函館湾海戦に参加している。

内容(カバー裏面より引用)
『明治二年三月二十五日の夜明け、宮古湾に碇泊している新政府軍の艦隊を旧幕府軍の軍艦「回天」が襲った―――。
函館に立てこもった榎本武揚たちは、次第に追い詰められてゆく状況を打開しようと、大胆な奇襲にかけたのであった。
歴史に秘められた事実を掘り起こし充実した筆致で描いた会心の長篇歴史小説。』

江戸幕府がアメリカより購入する予定だった装甲艦「甲鉄」は、幕府の瓦解より新政府の手に渡ってしまった。
その上、榎本率いる旧幕府軍は、旗艦「開陽」を事故で失ってしまう。
そのことで、当初、榎本軍に優勢だったシーパワーは、新政府軍に傾いてしまう。
そこで、榎本たちが立案したのが、宮古湾に停泊する「甲鉄」に接舷攻撃をかけ、奪取しようという作戦であった。
まあ、函館戦争を題材にした作品では、必ずと言ってよいほど、クライマックスになる作戦である。
日本史上において非常に稀有な作戦であるということと、その対象が装甲艦という最新鋭兵器であったことが原因である。
ネタばれしてしまうと、奇襲するところと、接舷するところまでは、上手くいくのである。
しかし、榎本軍側の誤算は、「甲鉄」甲板が「回天」より3mほど低かったことと、甲鉄には、なぜかガトリング砲が備えられていたことであった。
テレビとかで宮古湾海戦のシーンを見るたびに、なぜ、軍艦にガトリング砲を積んでいたのだろうと疑問に思うのだが、未だにその疑問に答えてくれる書物にお目にかかったことがない。
このガトリング砲は、幕府が注文したものであったのだろうか???
そして、海戦後の行方はと。。。。
非常に気になる存在ではある。。。。

ともあれ、旗艦だった「開陽」がまったく活躍せずに、事故で失われたのに対し、「回天」は他の艦とともに最後の方まで活躍したのであった。
戦艦大和と同じで、最も期待された兵器が、まったく活躍せず、二番手三番手が活躍するというよくあるパターンである。

本書の感想に戻ると、ちょっと内容が薄いのではないかと思う。
事実に沿ってなるべく客観的に描く吉村昭のスタイルからすると、材料が少なくて仕方がなかったのかもしれない。
本書、付録みたいな感じで、「牛」という作品も掲載されている。
こちらは、「回天」始末とは、まったくの別作品であり、イギリス船が南西諸島のある島に流れ着き、牛を手に入れようとしたのだが、島民と争いになったという史実を小説化したものである。

まあ、歴史好きには気を楽にして読める小説かと思う。

自分の評価
★★★☆☆50点

関連記事
中村彰彦『軍艦「甲鉄」始末』を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。