タヌキおやじの日々の生活 渡辺洋二「異端の空―太平洋戦争日本軍用機秘録」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺洋二「異端の空―太平洋戦争日本軍用機秘録」を読破!!

は~、できるならば、もうちょっと楽に人生送れないだろうかと思う今日この頃。

異端の空―太平洋戦争日本軍用機秘録 (文春文庫)異端の空―太平洋戦争日本軍用機秘録 (文春文庫)
(2000/07)
渡辺 洋二

商品詳細を見る


また、渡辺洋二作品。
しばらく、これが続きます(汗)。
本作も短編集である。

内容(カバー裏面より引用)
『ドイツから潜水艦によって届けられた設計図を基に試作された日本初のロケット戦闘機「秋水」。
降魔の剣として全軍の期待を集めながら、一瞬の煌きとともに消え去ったその真実が50年ぶりに甦る。
そのほか、日本最速の実験機、米軍を唖然とさせた前翼機など、蒼空に棲む魔物を追いかけた男たちの姿を描く傑作ノンフィクション集。』

第一章が、「秋水一閃」。
大戦末期に日本で試作されたロケット戦闘機「秋水」について書かれる。
ちなみに下の戦闘機。
J8M_Shusui_Sword_Stroke_Komet_J8M-10.jpg

ドイツでは、ジェット戦闘機とロケット戦闘機が実用化され、実戦に登場していた。
しかし、その後、ジェット戦闘機は、主流となったものの、ロケット戦闘機は、主流どころか傍流にもならず、開発されなくなってしまう。
ロケットの性質上、飛行可能な時間が短かったからだ。
日本軍は、後に主流となるジェット戦闘機よりもロケット戦闘機に期待をかける。
そして、終戦間際に、テスト飛行を行うが。。。。

第二章が、「無敵伝説へのプロローグ」。
零戦が配備されて、中国上空で無敗だった頃のお話。
あまりにも有名な話である。
日本人の栄光といってよいかと。。。

第三章が、「ユングマンの満州」。
ビュッカーBu131ユングマンは、ナチスドイツの初等練習機だそうな。
ユングマンは、若者という意味。
日本でも日本海軍が二式初歩練習機「紅葉」として九州飛行機で、日本陸軍が四式基本練習機として日本国際航空工業でライセンス生産した。
本章では、日本陸軍がユングマンを使用して満州でパイロットを育てたことについて書いている。
満州は、戦争末期まであまり戦火が及んでなかったと言ってよいが、ソ連参戦後は、天国から地獄に変わった。
世の中、何がどうなるかわからん例の一つだと思う。

第四章が、「過負担空域に苦闘す」。
米海軍とは違って、日本海軍では、水上機を多用して、それらが活躍した。
米軍は、飛行場を設営する能力が日本軍より大幅に大きかったので、水上機を必要としていなかったという事情もある。
そんな日本海軍の零式観測機が南太平洋戦域で苦闘した様子を書く。
ちなみに、下が零観。
F1m_00637_2g.jpg

第五章が、「大艇、多難のとき」。
日本海軍が誇った二式大艇。
四発大型飛行艇である。
日本海軍は、飛行艇に爆撃能力を持たせたりしたが、陸上機に敵う訳もなく、戦争中期からは、輸送任務にしか使用されなかったらしい。
渡辺氏は、対潜作戦に使用すべきであったと述べられている。
確かに、アメリカやイギリスは、対潜掃討のために飛行艇を多用している。
これも、日本海軍首脳に定見がなかったために、性能のよい機材を無駄にしてしまった例である。
関連記事
二式飛行艇
※お台場の船の博物館にかつて展示されていた二式大艇。

第六章が、「最高レシプロ機「研三」」。
研三(けんさん)は、東京帝国大学航空研究所が基本設計し、川崎航空機が製造した日本陸軍の高速研究機である。
本書には、写真が掲載されているが、いかにもスピードが出そうな流麗な、かっこよい機体である。
ドイツから輸入したDB601をチューンアップして使用したと。。。
「研三」について書かれた本は、初めて読んだので、おもしろかった。
ただ、戦局の悪化より、この後の研究機が製作されなかったのが残念である。

第七章が、「前翼型戦闘機「震電」」。
「震電」については、かなりの本が出ていると思う。
渡辺氏も、この作品以外でも震電について書いている。
ので、省略。

まあ、メインは、しょっぱなの「秋水」なのかなという感想を抱いた。
が、他のユングマン、零観、大艇、研三についての短編も面白い。
零戦に飽きた人向けの一冊。

自分の評価
★★★☆☆65点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。