タヌキおやじの日々の生活 渡辺洋二「空の技術―設計・生産・戦場の最前線に立つ」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺洋二「空の技術―設計・生産・戦場の最前線に立つ」を読破!!

しばらく晴れの日が続いてるな~

空の技術―設計・生産・戦場の最前線に立つ (光人社NF文庫)空の技術―設計・生産・戦場の最前線に立つ (光人社NF文庫)
(2010/02/28)
渡辺 洋二

商品詳細を見る


これで当分は終わりの渡辺洋二作品である。
今度は、軍用機の生産現場、設計現場にも焦点を当てた作品である。
が、日独英米の偵察機についての短編と米軍夜戦戦闘機隊の短編もある。

内容(カバー裏面より引用)
『設計・生産・整備の充実と発展がなければ航空兵力は成り立たない。
大戦中、日本の航空戦を陰で支えていた、知られざる努力と奮闘のシステムを綴る感動作。
現代戦の舞台裏で地道な作業に勤しんだ人々の記録。
夜戦ヘルキャットや日本の対潜哨戒機などテクノロジーを駆使した航空戦の陰の戦いを描く三篇も収載する。』

第一章が、「チーフデザイナーとの接点」。
始めが、軍用機の設計者についての短編である。
川崎航空機の土井武夫氏、大和田信氏、井町勇氏。
三菱重工業の堀越二郎氏、曽根嘉年氏。
中島飛行機の中村勝治氏、大野和男氏。
航空研究所の山本峰雄氏。
航空技術廠の鶴野正敬氏。
戦後のこれらの人々との著者とのエピソードが書かれる。

第二章が、「三型に携わって」。
隼三型に携わった、学徒動員の学生、パイロット、設計者について書かれる。
学徒動員の本は全く読んだことがなかったので興味深かった。

第三章が、「半田に青春ありき」。
中島飛行機の半田工場で青春を過ごした人々について書く。
吾輩の祖父もここにいたといっていたような気がする。
今度、教えてあげると喜ぶかもしれないな。

第四章が、「生産を戦力に結ぶ者」。
川崎航空機のテストパイロットのお話。

第五章が、「軍偵と排気管」。
前線で軍偵の整備をした整備兵のお話。
現地で排気管を改造して地上から見えないように改造したとのこと。
その結果、一石二鳥で速度も上がったと。。。

第六章が、「再生零戦今昔物語」。
終戦直前にラバウルで再生した零戦。
特攻に使われる前に終戦となった。
その後、ニュージーランドに送られ、オークランド国立博物館に展示されている。
吾輩、ニュージーランドに行ったときにこの零戦を見ている。
こういう経緯の零戦だったのだなあと感慨深いものがあった。

第七章が、「ドロナワ式対潜作戦始末」。
日本海軍の船団護衛について書いた短編。
まあ、第一次世界大戦を経験しなかったことが、対潜作戦能力を軽視することにつながったのかもしれない。
また、そこまで戦力をつぎ込める余裕がないことを知っていたということもあるかもしれない。
本書にも書いてあるが、船団護衛に空母を使用せず、ひたすら基地から対潜哨戒をしたほうが合理的だったかもしれないと感じる。

第八章が、「各国偵察機、実力くらべ」。
日独米英の偵察機の実力を比較している。
軍配は、米にあがると。。。。
日本軍が専用の偵察機を開発したのに対し、他国は、戦闘機や爆撃機の改良で済ませたと。。。
そこらへんは、航続距離が求められ、航法をやる人が乗る必要があったことと、日本軍の二座以上の攻撃機・爆撃機は、脆弱なものが多かったことに起因するのではないかと思うのだが。。。

第九章が、「夜の「ヘルキャット」」。
F6F夜戦型について書く。
まあ、新兵器を実戦で使えるようにするには、ある程度の期間が必要であるということが分かる。
ドイツのジェット戦闘機Me262だってそうだったし、あらゆる新兵器がそうである。
夜戦型ヘルキャットが戦力になり、活躍するまでを描く。
日本人としては、夜戦型ヘルキャットに日本軍機が落とされていくのが口惜しいが、非常に興味深く読める一編である。

まあ、飛行機マニアには面白く読める一著かと思う。

自分の評価
★★★☆☆50点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。