タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第177弾『会津若松城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第177弾『会津若松城(その1)』

一晩を会津若松に泊まり、17日の朝から会津若松城攻めを敢行。

会津若松城とは、福島県会津若松市追手町にあった梯郭式平山城である。
別名、若松城、鶴ヶ城、黒川城。

歴史
1384年に、蘆名直盛が小田垣の館または東黒川館という館を造ったのが若松城のはじまりとされる。
1589年に、蘆名氏と連年戦いを繰り返していた伊達政宗は豊臣秀吉の制止を無視して蘆名義広を攻め、蘆名氏を滅ぼし黒川城を手にした。
しかし、1590年に、政宗は秀吉に臣従し、会津を召し上げられた。
代わって黒川城に入ったのは蒲生氏郷で、1592年より大大名に相応しい近世城郭に改造し、城下町を整備した。
氏郷は、町の名を黒川から「若松」へと改め、蒲生群流の縄張りによる城作りを行った。
1598年に、氏郷の子・秀行は家中騒動のために92万石から18万石に下げられ下野国宇都宮に移封された。
越後国春日山より上杉景勝が120万石で入封。
1600年に、徳川家康は関ヶ原の戦いで西軍に加担した景勝を30万石に下げ、出羽国米沢に移封した。
その後、蒲生氏、加藤氏と城主が代わる。
1643年に、加藤明成は改易され、徳川家光の庶弟である保科正之が入封。
以後、明治維新まで会津松平家(保科氏から改名)の居城となった。
1868年に、戊辰戦争の際には会津戦争にて、会津勢の立て篭もる会津若松城は1か月の間持ちこたえて落ちなかったが、その後開城された。
戦後、天守を含む多くの建造物の傷みは激しく、その後も放置されたまま破却を迎えている。

まあ、白虎隊の悲劇などで有名すぎる程に有名な城である。

会津若松城スタンプゲット。69/100名城攻略達成。
会津若松城スタンプ

会津若松城の地図。
会津若松城地図

地図中の①の場所。
西出丸の西大手門。
会津若松城001-1

西出丸。
会津若松城001-2

西出丸の内讃岐門。
会津若松城001-3

西出丸から帯廓に通ずる梅坂と西中門。
会津若松城001-4

地図中の②の場所。
北出丸の西門。
会津若松城002-1

北出丸。
会津若松城002-2

北出丸の追手門。
会津若松城002-3

北出丸から帯廓への太鼓門。
会津若松城002-4

同じく。
会津若松城002-5

城郭シリーズ第178弾『会津若松城(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第177弾『会津若松城(その1)』
城郭シリーズ第178弾『会津若松城(その2)』
城郭シリーズ第179弾『会津若松城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
会津若松城―士魂支えた風雪の城 (歴史群像・名城シリーズ (15))会津若松城―士魂支えた風雪の城 (歴史群像・名城シリーズ (15))
(1997/10)
不明

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。