タヌキおやじの日々の生活 吉村昭「間宮林蔵」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭「間宮林蔵」を読破!!

橋下大阪市長のメッキが剥がれつつあると感じる今日この頃。
政治家なら、自分の言動がどのように捉えられるか、影響を与えるかを計算してから口にしなければ政治家として失格であろうと思う。

新装版 間宮林蔵 (講談社文庫)新装版 間宮林蔵 (講談社文庫)
(2011/10/14)
吉村 昭

商品詳細を見る


つい最近まで、吉村昭が間宮林蔵の伝記を書いていたことを知らなかった。
読み応えのある一冊であった。
間宮林蔵については、歴史に詳しい人でなければ知らんかもしれない。
まあ、解説すると、間宮林蔵(1780年~1844年)とは江戸時代後期の隠密、探検家である。
樺太(サハリン)が島であることを確認し、対岸のアムール河口まで行った人である。
また、西蝦夷地の測量を行い、地図を作製した。
江戸末期にたくさん出てきた農民出身で幕臣に取り立てられて活躍した人々の一例である。

内容(カバー裏面より引用)
『謎多き探検家の波乱万丈の生涯を描く歴史長編。
樺太は島なのか、大陸の一部なのか?
世界地理上の謎であった同地を探検して島であることを確認し、間宮海峡を発見した間宮林蔵。
その苦難の探検行をリアルに再現し、幕府隠密として生きた晩年までの知られざる生涯を描く。
史実の闇に光をあてる長編傑作。』

本書を読むまでは、漠然と間宮海峡を発見した探検家という認識しかなかったのであるが、幕府隠密として活動したり、地図を作製したり、幕府首脳や水戸藩に意見を具申したりと、いろんなことをした人であったのだなあと再認識させられた。
また、江戸時代に、樺太の南側は、日本の支配下にあったということを初めて知った。
まあ、ゆるい支配であったのであろうけど。。。
山丹交易という貿易が当地域ではされていたらしい。
江戸時代に山丹人(沿海州の民族)と、アイヌとの間で、主として樺太(サハリン)を中継地として行われた交易のことだそうな。
広義には清朝が黒竜江(アムール川)下流域に設けた役所との朝貢交易から、山丹人、さらにアイヌを介して蝦夷地の松前藩にもたらされた交易をさすとウィキにはある。
それで、樺太の南側は日本の影響下にあったのだが、北側がどうなっているのかが当時は分からなかった。
幕府が恐れたのは、ロシアの影響下に入っているのではないかということであったのだ。
それを調査するのと、樺太が半島であるか、島であるかを確認するために、林蔵たちが派遣された。
この冒険行がメインになると思いきや、前半で終わってしまう。
林蔵が、沿海州に渡ったのが、30代の頃で、彼は60代まで生きるからだ。
その探検の後に、地図を作製したり、幕府隠密をしたりする訳である。
中でも驚くべきは、薩摩に隠密として入国したという事実である。
薩摩飛脚と呼ばれた薩摩への隠密行は、ほとんどが失敗したと吾輩は聞いていたが、本書によると、かなり多くの隠密が忍び込んでいたとある。
ここらへんは、スパイの世界なので、どこまでが事実なのか分からないとは思うが。。。

また、ここでもシーボルト事件が出てくる。
シーボルト事件の発端になったのが、シーボルトより林蔵に送られた贈り物を幕府の上司に届け出たことであったからだ。
吉村昭は、このことについて好意的に書いているが、ここらへんは、農民出身で成り上って来た人間の自己防御の巧みさの一例だと思う。
ともあれ、全体としては、幸福な一生を送った人なのではないかと思う。
今まで読んだ江戸後期の小説と被るところが多々あり、違った側面からものごとを見ることができる。
冒険好きな人には特に読んでもらいたい一冊である。

自分の評価
★★★★☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。