タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第182弾『松前城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第182弾『松前城(その1)』

4月28日、29日を使って、函館周辺の城郭を攻略してきた。
吾輩にとっての初北海道上陸であった。
AIRDO機に搭乗して午前8時、北海道の地に降り立つ。
それから、レンタカーを運転して2時間、松前城に着いた。
函館から松前まではほぼ一本道であった。

松前城とは。。。。
北海道渡島総合振興局管内松前町にあった平山城。
別名、福山城。

歴史
1600年~1606年に、蠣崎家(後の松前家)が、福山(現在の松前)に移り、陣屋を築いた。
1849年に、幕府は、北方警備を目的に、松前崇広に松前築城を命じた。
長沼流兵学者・市川一学の縄張りにより旧福山館の拡張・改築が行われた。
1854年に、竣工し、この頃から松前城と呼ばれるようになったと伝わる。
海側からの艦砲射撃に備えて砲台を備えていた。
1868年秋に、旧幕府の榎本武揚を首領とする軍勢は、渡島半島の各地を制圧し、元新選組の土方歳三が700名の兵力で松前城を攻撃した。
松前藩の軍は防戦に努めたものの、わずか数時間で落城した。
1869年に、榎本らの政権は降伏し、再び松前城は松前氏の領有となる。
1871年に、廃藩置県の施行により城は明治政府の領有となった。
1875年に、天守など本丸の施設を除くほとんどの建築物が取り壊された。
その後、天守は火事により焼失した。

まあ、函館戦争のハイライトの一つとなった城である。
しかし、わずか数時間で落ちたのは情けない。

ともあれ、松前城スタンプゲット。これで71/100名城攻略達成。
松前城スタンプ

かつての松前城。城下町を見ると、粗末な感じである。
松前城古写真

松前城の模型。
防御手薄な陸側から攻められて落城したとあったが、確かに陸側が手薄だ。
松前城模型

かつての松前城の地図。
松前城地図

地図中の①の場所。
天神坂門というらしい。
松前城001

地図中の②の場所。
馬坂というらしい。
松前城002

搦め手二の門。
松前城003-1

同じく。
松前城003-2

五番台場。
この上に大砲が据え付けられていた。
まあ、城というよりも砲台としての性質が強い城かもしれん。
松前城003-3

日本海を望む。まあ、ロシア艦が来ることを戦々恐々としていた訳である。
松前城003-4

水堀と石垣と塀。
松前城003-5

城郭シリーズ第183弾『松前城(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第182弾『松前城(その1)』
城郭シリーズ第183弾『松前城(その2)』
城郭シリーズ第184弾『松前城(その3)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
週刊 名城をゆく 14 五稜郭 松前城 (小学館ウイークリーブック)週刊 名城をゆく 14 五稜郭 松前城 (小学館ウイークリーブック)
(2004)
大山邦興

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。