タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第185弾『五稜郭(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第185弾『五稜郭(その1)』

松前城を攻略後、2時間、車を運転して函館に戻り、五稜郭へ。

五稜郭とは。。。(説明するまでもないとは思うが。。。)
江戸時代末期に蝦夷地の箱館府(現在の北海道函館市)に建造された稜堡式の城郭。
別名、亀田御役所土塁、箱館御役所、柳野城。

歴史
日米和親条約締結による箱館開港に伴い、防衛力の強化と役所の移転問題を解決するため、徳川家定の命により築造された。
設計を担当したのは洋式軍学者の武田斐三郎。
1857年に、工事開始、1864年に、組立開始、1866年に、工事完了。
1868年に、佐幕派の大鳥圭介隊と土方歳三隊の両隊が五稜郭を占拠。
1869年に、箱館政権樹立。
同年5月18日に、榎本軍は、新政府軍に敗北し、明け渡される。
1871年以降、五稜郭内部の建物はほとんど取り壊され、材木などは開拓使官舎に使われた。
その後は要塞兼練兵場として陸軍省の管轄下に置かれていた。

まあ、有名すぎる程に有名な城である。

五稜郭スタンプゲット。これで72/100名城攻略達成。
五稜郭スタンプ

五稜郭の地図。稜堡式城郭としては、半月堡が一つしかなくて不完全であると言える。
カネがなくてできなかったそうである。
武田斐三郎、無念orz
五稜郭地図

地図中の①の場所付近。
五稜郭001-1

地図中の②の場所付近。
裏門だそうな。
五稜郭002-1

同じく。
五稜郭002-2

同じく。
五稜郭002-3

同じく。
五稜郭002-4

同じく。
五稜郭003-1

地図中の③の場所付近。
五稜郭003-2

同じく。
五稜郭003-3

地図中の④の場所付近。
五稜郭004-1

城郭シリーズ第186弾『五稜郭(その2)』に続く。

関連記事
城郭シリーズ第185弾『五稜郭(その1)』
城郭シリーズ第186弾『五稜郭(その2)』
城郭シリーズ第187弾『五稜郭(その3)』
城郭シリーズ第188弾『五稜郭(その4)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
名城物語 第5号 戊辰戦争の城 (歴史群像シリーズ)名城物語 第5号 戊辰戦争の城 (歴史群像シリーズ)
(2010/03/18)
学研パブリッシング

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

今朝、ニュースで五稜郭の桜の映像を流してたんですけど、ご覧になりました?

桜があの五稜郭の形に咲いている様は、なかなか見事でした。
  • 2013-05-18 18:21
  • URL
  • 百物語ガール #-
  • Edit

Re: タイトルなし

北海道では、今頃、桜の開花ですか。
五稜郭に桜だと絵になるでしょうね。
また、行きたいものです。
  • 2013-05-19 02:38
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。