タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第192弾『志苔館(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第192弾『志苔館(その1)』

函館山に登った後に、志苔館跡に向かう。
志苔館(しのりたて)は、北海道函館市に所在する中世城館跡。
小林氏によって築かれたとされる道南十二館のひとつだそうな。

現地の案内板によると、北朝に敗れた南朝方の武士が北海道に渡って、この館を築くも、アイヌ人の反乱にあって、落城し、その後、奪還したらしく、ふたたび、小林氏が館主に返り咲き、松前氏に吸収されるまで、この辺りを治めたようなことが書いてあった。
要するに、アイヌの人たちに対してブイブイ言って調子に乗っていたら、返り討ちにあったということだろうか。

志苔館の地図。
志苔館地図

地図中の①の場所。
志苔館001-1

土塁である。
志苔館001-2

同じく。
志苔館001-3

地図中の②の場所付近。
かつての入口らしい。
志苔館002-1

石碑。
志苔館002-2

地図中の③の場所付近。
志苔館003-1

同じく。
志苔館003-2

地図中の④の場所付近。
志苔館004-1

同じく。
志苔館004-2

城郭シリーズ第193弾『志苔館(その2)』に続く。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)
(1993/03/01)
北野隆

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

いっやー…。
しっかし寒々しい所ですねー。

晩秋や初冬に行ったら、どうなっちゃうんでしょう?
(真冬は言うにおよばずなんでしょうけど…)

昔、9月に竜飛岬に行った時。
晴れていたにもかかわらず、もう晩秋みたいな雰囲気があって。
その寂寥感に、ここに住むってどんな感じなんだろう?って思いましたけど。
(まぁそう言っては、そこに住んでいる方に失礼なんでしょうけど…)
この志苔館もそんな思いにかられます。
  • 2013-05-18 18:16
  • URL
  • 百物語ガール #-
  • Edit

Re: タイトルなし

いや、当日は、けっこう、暑くてですね。
自分としては、寒々しいとは感じなかったですね。
狭いところに住んでいるので、北海道の自然の雄大さに圧倒されたという感じです(汗)
  • 2013-05-19 02:36
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。