タヌキおやじの日々の生活 吉村昭「落日の宴―勘定奉行川路聖謨」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭「落日の宴―勘定奉行川路聖謨」を読破!!

来週の株価はどうなるんだろうーなという今日この頃。

落日の宴―勘定奉行川路聖謨 (講談社文庫)落日の宴―勘定奉行川路聖謨 (講談社文庫)
(1999/04)
吉村 昭

商品詳細を見る


まあ、吉村昭は、戦国時代についてはまったく小説を書いていないが、江戸時代後期、幕末、明治、日露戦争についてはかなりの数の小説を書いていて、そこらへんで司馬遼太郎とかぶる。
そのようなわけで、作家によってどのように人物への見方が違うのかを知ることができる。
それに加えて、大阪人の物の見方と、東京人の物の見方の違いをも感じることができる。
司馬遼太郎が、メジャーな人物を題材にするのに対して、吉村昭は、比較的マイナーな人物を題材にする傾向があるような気もする。
本書は、川路聖謨を題材にした小説である。
ちなみに、川路聖謨(かわじ としあきら、1801年~1868年)は、江戸時代末期の旗本であり、幕末きっての名官吏とされた人である。
司馬にしろ吉村にしろこの人については、好意的な見方をしているようだ。
吾輩が幼い頃は、幕末の幕臣というと無能な人間ばかりであったと一方的に思っていたが、事実は、決してそんなに単純なものではないことがわかる。
ペリー来航に対して全く無能だったわけではなく、それより以前から西洋に対して目を向けて、それなりの対策を少なからずしていたことがわかる。
川路は、尚歯会という蘭学者などが集ったサロンに参加していた人でもあった。
この会が開催されていたのは、ペリー来航より10年以上前だから、先見の明がある人は、ペリー来航のようなことがあることはうすうすわかっていたのである。

本書の内容であるが、川路が、ロシアの軍人のプチャーチンと交渉をするところから、ペリーが来航し、京都で尊王攘夷運動が盛んになり、朝廷に対して条約批准を認めてもらえるように奔走するところから、江戸にもどり、江戸城開城の前に自殺するところまでが書かれる。

本書を読む限り、阿部正弘が死ぬまでは、幕府の交渉能力はそれなりに機能していたのではないかと思う。
ただ、井伊直弼が大老になって、暗殺されてからは、その権威が失墜し、どうにもならない状況となる。

本書のクライマックスも阿部正弘が死ぬまでであり、ロシアとの交渉であると思う。
川路は、ロシア方の人間にも尊敬され、敬愛されていたとのこと。
ロシア人と日本人のユーモア溢れるやりとりが微笑ましく読むことができる。

ただ、ペリーとのやり取りはそんなに生易しいものではなかったようだ。
今だと、アメリカよりロシアのほうが、荒々しい感じがするが、時代が違ったのかもしれない。

川路聖謨も養子であり、その父は、御家人株を買った人だそうな。
幕末に活躍した人は、勝海舟など、養子とか御家人株を買った人の子とか孫とかが多い。
また、榎本武揚など、身分の低い出であることも多い。
階級の流動化と、新しい血を外から入れることが、組織などの活性化の一要因であることがわかる。
純血主義は、あまりよくないということである。

プチャーチンらは、乗ってきたディアナ号が、安政東海大地震で沈没してしまったので、新たに日本で船を建造して、一部はその船で帰国し、他はアメリカ船で帰国するのだが、その内容については、少し取り上げているような書はあるが、詳細に書いているものはなかったので、興味深く読めた。

川路聖謨の粘り腰とユーモアのセンスが面白く読める一著である。
在庫がないみたいだが、新装版でまた出版してほしいものである。

自分の評価
★★★★☆85点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。