タヌキおやじの日々の生活 司馬遼太郎「馬上少年過ぐ」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎「馬上少年過ぐ」を読破!!

昨日に続き、今日も快晴だ~!!

馬上少年過ぐ (新潮文庫)馬上少年過ぐ (新潮文庫)
(1978/11/29)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


このところ、司馬遼太郎と吉村昭を読むことが多いのだが、また、司馬作品である。
読んでみて20年ほど前に読んだことがあったなあと気づいた。
しかし、それなりに面白かった。
短編集である。
戦国期と幕末期の人物を扱った短編ばかりなので面白い。
やはり、司馬遼太郎が書いた作品で面白いのは戦国物と幕末物である。

内容(カバー裏面より引用)
『戦国の争乱期に遅れて僻遠の地に生まれたが故に、奥羽の梟雄としての位置にとどまらざるをえなかった伊達政宗の生涯を描いた『馬上少年過ぐ』。
英国水兵殺害事件にまきこまれた海援隊士の処置をめぐって、あわただしい動きを示す坂本竜馬、幕閣、英国公使らを通して、幕末の時代像の一断面を浮彫りにした『慶応長崎事件』。
ほかに『英雄児』『喧嘩草雲』『重庵の転々』など全7編を収録する。』

第一編が、「英雄児」。
河井継之助を書いた短編である。
司馬は、長編の「峠」という作品で河井継之助を書いているので、その前に発表された作品だと思われる。
印象に残った最後の一文。
『英雄というのは、時と置きどころを天が誤ると、天災のような害をすることがあるらしい。』
河井継之助に長岡藩は小さすぎたと。。。。

第二編が、「慶応長崎事件」。
海援隊士の菅野覚兵衛が、乱暴狼藉をはたらいていた英国水兵を斬殺したとかしないとかの事件の顛末。

第三編が、「喧嘩草雲」。
田崎 草雲(たざき そううん、1815年~1898年)は日本の南画画家。
ウィキペディアを読むと、司馬遼太郎は、相当に脚色しているみたいだ。
ただ、この草雲という人物は、司馬が作品にしようと思うほど、面白い人物ではあったようだ。
絵描きにして剣術・柔術に優れ、明治維新の折には、出身の足利藩で農兵隊を組織して、郷土を旧幕府軍から防衛している。
多才で感情が激しすぎ、乱世タイプの人間の一典型であろう。

第四編が、表題作の「馬上少年過ぐ」。
ある歴史上の人物が作った詩の一節だそうな。
「馬上少年過ぐ
世平らかにして白髪多し
残軀天の赦すところ
楽しまざるをこれ如何せん」
その作者は、伊達政宗。
まあ、奥羽の覇者になろうとした人物である。
印象に残った本短編の一部分が、
『その行動のなかにおいては決して悲壮感に陶酔せず、自滅を美とせず、つねに生存のために計算しぬき、ついに乱世をきりぬけて稀有の生き残りになりえた』
という一節。
太平洋戦争時の日本軍の高級将校に読ませてやりたい一文である。

第五編が、「重庵の転々」。
伊達宇和島藩では、分家が支藩を作っていた。
本藩のほうでは、えらい迷惑であったらしい。
その支藩で、町医者から藩重臣に取り立てられた人物について書く。
この人物も、上記の河井継之助とか伊達政宗みたいに生まれる時期と場所を間違えた人であろう。
まあ、仕方がないことであろうが。。。

第六編が、「城の怪」。
大坂夏の陣が終わった大阪城で起こった一騒動。
これは、全くの創作であろう。

第七編が、「貂の皮」。
戦国武将であった脇坂安治を題材にしている。
龍野藩脇坂家初代だそうな。
このおっさんも、戦国時代を生き残っただけあって、一流とは言えないにしても、喰えない親父である。
そんなおっさんが、どのように大名になって、関が原を生き延びたかということについて書いている。
関が原の戦いの各軍の布陣図を見ると必ず名前が載っているので、知ってはいたけど、こういう人だったんだなあと。。。。

そこそこに面白い短編が、揃っていると思われる。
戦国幕末好きなら読んで損はないと思う。

自分の評価
★★★★☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。