タヌキおやじの日々の生活 司馬遼太郎「風の武士」上下巻を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎「風の武士」上下巻を読破!!

最近、我が家とスカイツリーの間にクレーンが建って、スカイツリーが見にくくなった。

新装版 風の武士(上) (講談社文庫)新装版 風の武士(上) (講談社文庫)
(2007/11/15)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
新装版 風の武士(下) (講談社文庫)新装版 風の武士(下) (講談社文庫)
(2007/11/15)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


司馬遼太郎の伝奇小説である。
司馬遼太郎初期の作品であるらしい。
「梟の城」「上方武士道」に続く三番目の長編小説である。
伝奇小説であるからには、戦国時代であったり、江戸時代初期中期くらいであるのかと思いきや、意外や意外、幕末である。
ペリーが来航して、京都では新撰組が活躍している時代に、主人公は、隠し国「安羅井国」を求めて旅立つのである。
なんか、謎の一族が暮らす吉野の奥にある秘境を訪ねて行くというのが、幕末という時代に合わないような気がした。
だからと言って、つまらなかったわけではない。
吾輩の感想としては、司馬遼太郎は、実在の人物を脚色して描くほうが、完全な創作よりうまく描くと思う。
司馬遼太郎は、歴史上の人物に惚れ込んで、惚れ込んだ人物に感情移入して、その人物を描くタイプの作家であるからだ。

上巻の内容(カバー裏面より引用)
『伊賀忍者の末裔で貧乏御家人の次男坊・柘植信吾は、小さな町道場・無一流指南錬心館で代稽古を務めていた。
ある日、道場に赴くと、用人格の老人が刺殺されていた。
多くを語らない道場主と娘のちの。
しかしこれが、巨万の財宝が秘蔵されているという熊野の隠し国・安羅井(やすらい)をめぐる壮絶な戦いの始まりだった。』
下巻の内容(カバー裏面より引用)
『公儀隠密を命じられた信吾は江戸から東海道を経て熊野の秘境へ向かう。
安羅井国の財宝を独り占めしようとする紀州藩の隠密、幕府のお庭番が入り乱れるなか、信吾はついに安羅井国への道程を描いた丹生津姫(にぶつひめ)草子を手に入れる。
凄惨な血闘の果てにたどり着いた地で信吾が見たものは?
司馬伝奇長編の傑作!』

主人公と悪役とが闘いながら競って財宝が眠る地までたどり着くというのは、よくあるといえば、よくあるストーリーである。
映画でいうと、例えば、スティーブン・スピルバーグの「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」なんかはそうだったし、ほかにも数限りないであろう。
ただ、本作の特徴の一つは、主人公が、伊賀忍者の末裔であるというところである。
幕末になって、どれほど、伊賀忍者の末裔が忍びの術を継承していたかは不明であるが、本作では、主人公は、多少、親より忍びの術を継承しているという設定になっている。
そんなわけで、伊賀忍者の末裔が、その先祖から伝えられた術を用いて、敵と戦っていくというのが本作の醍醐味の一つでもある。
しかし、主人公は、忍者の末裔で、隠密の密命を受けて行動しているにもかかわらず、非常に堂々としているのである。
まあ、こそこそしていたら、ストーリーがつまらなくなるし、主人公の魅力が半減するからだろうか。
もう一つの特徴は、主人公のキャラクターである。
御家人の次男坊にもかかわらず、幕府方ともはっきりさせずに、行動したがるのである。
まあ、自由人であると。。。。
あらゆるところで女色にひっかかるところは、ご愛嬌というところであろうか。
冒険小説に色恋沙汰は、必須なのである。

そして、最後の、安羅井国の由来が明らかになるのだが、それがぶっとんでいて奇想天外で面白い。
まあ、最後まで読んでみてほしい。

自分の評価
★★★60点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。