タヌキおやじの日々の生活 吉村昭「ニコライ遭難」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭「ニコライ遭難」を読破!!

日経平均株価が暴落中である。
中国のバブル崩壊より日本のバブル崩壊のほうが早かった。
ただ、中国のバブル崩壊は、日本のよりとてつもなく大きいものであろうと推測される。

ニコライ遭難 (新潮文庫)ニコライ遭難 (新潮文庫)
(1996/10/30)
吉村 昭

商品詳細を見る


明治時代に日本訪問中のロシアの皇太子を警護の警官が斬りつけた「大津事件」を題材にした小説である。
まあ、大津事件とは、明治維新以来の一大外交失態であった。
小説というよりかは、ノンフィクション小説に近いのかと思う。
ほとんどの吉村作品に共通することだが。。。。
ニコライ皇太子の歓待の様子や、犯人、津田三蔵の人物像、検察と政府首脳との法廷闘争など掘り下げて書いていて、大津事件とは、なんであったのが、よくわかる。
教科書では、一行しか取り上げられていない事件にこれほどの重大性があったとは、驚かされた。

内容(カバー裏面より引用)
『明治24年5月、国賓のロシア皇太子を警護の巡査が突然襲った。
この非常事態に、近代国家への道を歩み始めた日本が震撼する。
極東進出を目論むロシアに対し、当時日本はあまりにも脆弱であった―――。
皇太子ニコライへの官民を挙げての歓待ぶり、犯人津田三蔵の処分をめぐる政府有力者と司法の軋轢、津田の死の実態など、新資料を得て未曾有の国難・大津事件に揺れる世相を活写する歴史長編。』

ニコライを国賓として招待した背景には、ロシアとの友好関係を築いて、戦争になるのを防止しようとする外務省の思惑があった。
当時、ロシアは、東方進出を加速させていて、日本には、ロシアに対する恐怖感がはっきりとあったのだ。
まあ、実際に、のちには日露戦争が勃発しているので、あながち的外れな恐怖ではない。

意外なことに、当初、訪日したばかりのニコライ皇太子は、非常に日本に好意的であり、長崎、鹿児島、神戸など、大津までの道程で、一般日本人と親しく交流している。
日露戦争前に、日本人のことを「サル」と言って、憎悪をむき出しにしていたのを考えると、大津事件で斬りつけられたのは、大きな影響を与えている可能性がある。

そして、恐怖の対象であるロシア国の皇太子が斬りつけられたことによって、日本人は、国中が、恐怖のどん底に落とされる。
ほぼ、半狂乱状態といってよいであろう。
福島原発事故直後の状態に近いのではなかろうかと思う。
まあ、東日本だけかもしれないが。。。。

そして、日本政府首脳は、ロシアとの友好関係を重視して、津田を死刑にしようとする。
それに対して、児島 惟謙(こじま これかた)をはじめとする裁判官たちは、終身刑が妥当であろうと反対する。
争点は、天皇に対して危害を加えようとしたものは死刑であるという法において、天皇に海外の皇室が入るかどうかということであった。
改正前の法律が、「日本の天皇」となっていたことや、海外の判例から見て、裁判官たちは、ニコライを一般人として扱うのが妥当であるとした。
また、児島は、元宇和島藩士であり、薩長閥で固められている政府首脳に対する対抗心があったと、吉村は推測している。

最近の出来事と比較すると、尖閣諸島で中国の漁船の船長を抑留したときに、時の仙石官房長官は、那覇地検に対して圧力をかけて、釈放したわけである。
明治時代の日本人にあって、現代の日本人に少なくなったものとは、なにかということであるが。。。。
気骨であるのかな~と思った。
ただ、法律を墨守するばかりに、国がなくなっては、元も子もないわけである。
児島らは、法治国家であることが、日本国の基礎であり、これを破れば、それが根底から崩れてしまうと危惧したわけである。

まあ、結果としては、児島たちの判断は、結果オーライであった。
「断じてやれば、鬼神もこれを避く」のいい例なのかなあと思う。
それに対して、仙石官房長官の取った行動は、それからというもの中国船の領海侵犯を起こさせて、中国に舐められる一因となった。
まあ、その立場による見方もあるし、出身によるライバル心もあるし、損得勘定もあるわけであるが、明治期の武士道精神をまだ残した日本人たちの考えの一端がわかるような気がするようになる一著である。
吉村氏は、津田三蔵の事件以後と、ニコライの事件以後と、ニコライを津田から救った車夫たちの事件以後を書いて筆を終わらしている。
これらのことも非常に興味深く読める部分であった。

自分の評価
★★★★★90点
※予想外に面白かった。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
  • 2013-06-04 11:27
  • URL
  • 読書ログ #iE545MNQ
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。