タヌキおやじの日々の生活 司馬遼太郎「王城の護衛者」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎「王城の護衛者」を読破!!

安部ちゃんが、日本版NSCを設立するそうだ。
やれやれいという感じだ。
でも、機能するかどうかは実際に運用する人次第なんだろうなあとも思う。
情報機関、防諜機関の設立、サイバー攻撃対策も早急に行うべきであろうと思う。

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)
(2007/09/14)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


短編集だが、なかなか面白い短編が集められていると思う。
しかし、5編のうち、3編は、他の短編集で読んだものであった。
それ以外の2編は、はじめて読んだからということではなく、掛け値なく面白かったと思う。

内容の紹介(カバー裏面より引用)
『薩長両藩が暗躍し、攘夷派の浪士たちが横行する、無政府状態に近い幕末の京。
新たに京都守護職を命じられた会津の青年藩主・松平容保は、藩兵千人を率い、王城の護衛者として治安回復に乗り出すが、複雑怪奇な政治の術数に翻弄され・・・・・・。
表題作の他に、「加茂の水」「鬼謀の人」「英雄児」「人斬り以蔵」を収録。』

一編目は、表題作の「王城の護衛者」。
松平容保を書いている。
今は、「八重の桜」で注目を浴びているところかもしれない。
決して、凡庸な人ではなかった。
が、政治力がなかった。
この人の京都での毎日は、神経をすり減らすばかりのストレスフルなものであったであろうことは推測に難くない。
まあ、明治維新において、もっともババを引いた人といっても良いと思う。
そんな松平容保が晩年に詠んだ詩。
『なんすれぞ大樹 連枝をなげうつ
 断腸す 三顧身を持するの日
 涙をふるう 南柯夢に入るとき
 万死報国の志 いまだとげず
 半途にして逆行 恨みなんぞ果てん
 暗に知る 地運の推移し去るを
 目黒橋頭 杜鵑啼く』
怨念の詩だそうな。大樹とは、徳川慶喜のことらしい。
そして、容保は、死ぬまで竹筒に入った文書を手放さなかったとのこと。
その文書とは、孝明天皇からの宸翰であった。

二編目は、「加茂の水」。
岩倉具視の謀臣を務めた玉松操という人物を描く。
この人のことは、本書で初めて知った。
錦旗の旗を掲げることを思いついた人らしい。
岩倉具視もかなり個性的な人だが、この人も公家出身ながらかなり個性的だ。
維新後は、明治政府の欧化政策に反対して、岩倉からは距離を置いたそうな。

三編目が、「鬼謀の人」。
大村益次郎を描く。
本作は、短編集「人斬り以蔵」にも掲載されていたので省略。
参考
司馬遼太郎「人斬り以蔵」を読破!!
四編目が、「英雄児」。
河井継之助を描く。
本作は、短編集「馬上少年過ぐ」にも掲載されていたので省略。
参考
司馬遼太郎「馬上少年過ぐ」を読破!!
五編目が、「人斬り以蔵」。
本作は、短編集「人斬り以蔵」に掲載されていたので省略。

しかし、5編中3編までが、他の短編集に掲載されているとは。。。
なんとかしてほしい。
だが、「王城の護衛者」だけでも読む価値はあると思う。

自分の評価
★★★★☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。