タヌキおやじの日々の生活 太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2巻を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2巻を読破!!

昨日は、暑かった。
初夏の暑さである。

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2013/05/30)
太田垣 康男

商品詳細を見る


内容の紹介(カバー裏面より引用)
『宇宙世紀0079年末、大量の残骸(デブリ)舞う暗礁宙域・サンダーボルト宙域で出会った地球連邦軍「ムーア同胞団」のイオ・フレミング少尉と、ジオン公国軍「リビング・デッド師団」のダリル・ローレンツ曹長。
故郷ムーア再建のための”人柱”にすべく、同胞団から最終兵器・FAガンダムを託されたイオ。
一方、スナイパー部隊として圧倒的戦果をあげる裏で、ジオン軍新型MSのための実験台にされるダリル。
宿命のふたり、それぞれに待ち受けていたのは、さらに苛酷な現実――――。』

スペリオールで隔週で読んでいたのだが、単行本を持っていたいので、購入する。
読み直してみると、非常に深刻なストーリーであるなと改めて思った。
ジオン軍の新兵器は、サイコザク。
パイロットの神経回路とMSを直接つなぐことにより、未熟なパイロットでも操縦できるようになり、さらなる高性能化を図ることができる。
本作では、人の神経回路と機械をつなぐために、手足を切り落としてしまうのだが、現実的には、神経回路と機械をつなげば、切り落とす必要はないのではないかと思うのだが。。。。
まあ、ストーリーを劇的にするためであろうと思う。
こいつがサイコザク。
高機動型ザクの改良型という設定らしい。
HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク (機動戦士ガンダム サンダーボルト)HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク (機動戦士ガンダム サンダーボルト)
(2014/02/28)
バンダイ

商品詳細を見る


そして、一方のムーア同胞団は、多数の少年兵が補充されてくる。
少年兵たちが乗るのは、ガンキャノン、ジムキャノン、ジム、ボールである。
どちらも必死である。
MG 1/100 RX-77-2 ガンキャノン (機動戦士ガンダム) 【MGビルダーズパーツキャンペーン特典付き】MG 1/100 RX-77-2 ガンキャノン (機動戦士ガンダム) 【MGビルダーズパーツキャンペーン特典付き】
(2012/12/01)
バンダイ

商品詳細を見る

B-CLUB GK【3031】 1/144 cover-kit (HGUCジム対応)RGC-80Sジム・キャノン(空間突撃仕様)B-CLUB GK【3031】 1/144 cover-kit (HGUCジム対応)RGC-80Sジム・キャノン(空間突撃仕様)
()
Unknown

商品詳細を見る

HG 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)HG 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)
(2013/12/28)
バンダイ

商品詳細を見る


連邦の方は、物資は豊富だが、人材は枯渇しているようだ。
ストーリーからすると、リビングデッド師団の作戦は、ムーア同胞団の攻撃を耐え忍ぶ間に、サイコザクで敵艦隊を殲滅して、敵の空母を沈めるというものだったようだ。
この作品もそうだが、ガンダム世界においては、一機のあるMS(例えば、ガンダムやNT搭乗MS)が、凄まじく強い。
現実の世界では、一機の戦闘機が敵艦隊を全滅させるということは、核兵器でも使わないと無理だよなあと思う。
ガンダム世界では、戦艦とか空母とか沈められるだけだから、作らずに、ベースジャバーにMSのっけて運用すればいいんじゃないのと思うのだが。。。。
しかし、それでは、推進剤がもたないとか、整備ができないとかいう設定になっているのだろう。
ともあれ、面白いことは面白い。

自分の評価
★★★★☆80点

次巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」3巻
前巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻
外伝の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」外伝

参考
機動戦士ガンダム サンダーボルト立体作品集 サンダーボルトメカ二クス (ホビージャパンMOOK 498)機動戦士ガンダム サンダーボルト立体作品集 サンダーボルトメカ二クス (ホビージャパンMOOK 498)
(2013/05/30)
不明

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。