タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第202弾『根城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第202弾『根城(その1)』

また、東北新幹線に乗って、根城攻略のため、八戸へ。
八戸は、意外と栄えていた。
八戸駅からバスで10数分くらい、根城に着く。

ちなみに、根城(ねじょう)とは、青森県八戸市根城にあった連郭式平山城。

歴史
1333年に、南朝方に属する武将・北畠顕家は陸奥国司として後醍醐天皇の皇子・義良親王を奉じて陸奥国に下向した。この時、南部師行が国司代に任じられて同行した。
1334年に、師行は、糠部郡八森に城を構えた。
師行はここを、南朝方の根本となる城という願いから「根城」と名付けたといわれる。
1338年に、南部師行は北畠顕家とともに足利尊氏討伐に遠征した。
師行は和泉国石津川の地で北朝方の高師直との戦いで顕家と共に戦死した。
師行の死後、弟の政長が跡を継いだ。
1393年に、南部氏8代の八戸政光は本領の甲斐より、根城に移って南部氏の再興を図った。
この系統は八戸氏とも呼ばれている。
1590年に、小田原征伐の際に宗家の三戸城主南部信直は豊臣秀吉の元に帰参して所領の南部7郡を安堵された。
この際に、根城八戸氏も宗家の支配下に組み込まれた。
宗家の南部利直は盛岡城を築き盛岡藩を開いた。同時に八戸も盛岡藩領に帰属した。
1627年に、八戸氏22代・直秀は移封となり根城は廃城となった。

この城について調べて初めてしったけど、南部氏というのは、甲斐源氏の流れをくむ名族なんだね。

根城スタンプである。ゲットである。76/100名城攻略達成である。
根城スタンプ

根城の地図。
あまり技巧的な縄張りではない。
根城地図

南部師行公。
根城001-1

旧八戸城東門だそうな。
根城にあったものを八戸城に移築して、それを根城に戻したとか。
本当かいな。
根城001-2

地図中の①の場所。
空堀である。
根城001-3

地図中の②の場所。
空堀と土塁。
根城002-1

空堀と土塁。
根城002-2

同じく。
根城002-3

建物。なんであったかは忘れました。
根城002-4

本丸の模型。
根城002-5

地図中の③の場所。
本丸正面。
根城003-1
城郭シリーズ第203弾『根城(その2)』に続く。

関連記事
パノラマで見る根城
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
根城跡―陸奥の戦国大名南部氏の本拠地 (日本の遺跡)根城跡―陸奥の戦国大名南部氏の本拠地 (日本の遺跡)
(2007/02)
佐々木 浩一

商品詳細を見る


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。