タヌキおやじの日々の生活 小和田哲男「戦国の合戦」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小和田哲男「戦国の合戦」を読破!!

戦国の合戦 (学研新書)戦国の合戦 (学研新書)
(2012/01/12)
小和田哲男

商品詳細を見る


最近、よく読む小和田哲男シリーズの一冊。
「戦国の城」「戦国の群像」に続いて、「戦国の合戦」である。
題名通り、戦いに焦点を当てた著作である。
本書を読んでいて、この人は、かなり司馬遼太郎に影響を受けているなあと感じた。
しかし、この人が書くのは、歴史小説ではなく、歴史である。

内容の紹介(カバーより引用)
『戦国百年の間、毎日どこかで戦いが繰り広げられていた。
どうして抗争は起こり、また合戦に際しどのように準備し、軍団構成をし、統制していったのか。
そして武将たちはどんな戦略・戦術を駆使していったのか。
戦国の本質「合戦哲学」に踏み込む!』

目次
はじめに
序章 戦国合戦前史
第一章 戦国合戦の必然性
第二章 合戦に出ていった家臣団
第三章 戦いの準備と武具
第四章 武将たちの戦略と戦術
第五章 合戦の作法と軍師の仕事
第六章 新視点でみる戦国十六大合戦

まず、日本の合戦の歴史を書いている。
弥生時代になり、日本列島に百以上のクニが生まれ、それらが互いに争ったことが、中国の歴史書に載っているそうだ。
そして、それを収めたのが、邪馬台国の卑弥呼であると。。。。
それから、源平合戦、蒙古襲来、南北朝の戦いなど、戦国時代までの戦いの変化を書いていく。
戦国時代の合戦だが、その構成のほとんどが農民であったとのこと。
それが、だんだん純戦闘員の割合が増えていって、兵農分離していったということは多書でも書かれている。
面白いのは、信長軍における兵農分離の過程である。
そのころの兵力のかなりの部分は、農業をやりつつ、戦いにもでる地侍が占めていた。
そこで、信長は、地侍の二男三男を親衛隊として、採用し、純粋な兵力として確保していったそうな。
例えば、前田利家は、地侍の前田家の四男であり、長男は、前田家を継ぎ、利家は、信長に親衛隊として採用されたそうな。
本家より、利家の分家の方が発展したということになる。
信長が、本拠を那古屋城、清州城、小牧山城、岐阜城と移動することができたのは、兵農分離がある程度進んでいたからだと著者は指摘する。
思えば、本拠を変えている戦国大名というのは、少ないような気がする。
北条氏などは、ずっと小田原だし、武田氏だって、滅びる直前になって新府城に移ったのみである。
やはり土地につながっていると、本拠移転などはなかなかできないものらしい。

陣形の基本八種というのが興味深かった。
魚鱗・鶴翼・長蛇・偃月(えんげつ)・鋒矢(ほうし)・方円・衡軛(こうやく)・雁行(がんこう)
だそうな。
シンプルな西欧の陣形と較べて、多分に複雑であるような気もするが、鶴翼の陣なんかは、両翼包囲を狙った陣形なのであろうと思う。
ただ、古代ローマや後の西欧諸国が、両翼に騎兵を配して、中央に歩兵を配した陣形を取ったが、日本においては、騎兵が発達しなかったせいか、そのような戦術がなかったことが残念である。

いろいろと知識を深めることができて有意な一著であると思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
小和田哲男「戦国の城」を読破!!
小和田哲男「戦国の群像」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。